【イベントレポート】ランニングフォーム改善・実践ワークショップ

ランナーズNEXTではオンライン上の情報発信だけでなく、不定期でセミナーやワークショップを開催しています。

この4月から「ランニングフォーム改善実践ワークショップ」と題して、ランニングフォームやランニングエコノミーの改善に関連したワークショップを定期的に開催することになりました。

ランニングやマラソンに関する練習に比べると、どうしても「ランニング以外のトレーニング」は軽視されがちで、取り組もうと思っても、面倒臭くて後回しになってしまうのが現状ではないでしょうか?

そこで、このワークショップでは、

①客観的に自身のランニングフォームを把握すること

②継続的にトレーニングができる仕組みを作ること

③トレーニングの結果、ランニングフォームの変化を客観的に把握すること

の3つを目的に定期開催していきます。

詳細は募集ページに譲るとして、今回は4月7日(日)に開催されたワークショップのレポートをお届けします。

※このワークショップは福岡でも不定期で開催しています。

まず最初に座学として、ランニングフォームの改善に必要なこと、なぜランニング中に怪我が起きてしまうのか?身体の使い方で負担のかかる箇所が異なること、などの話を踏まえて、一人一人ランニングフォームの撮影に移ります。

※実際のランニンフォーム撮影のイメージ

実際のランニングフォームは、横からの映像と後ろからの映像を撮影。