1. TOP
  2. ランニングノウハウ
  3. 【恋人作りのプロセスから学ぶ】マラソンで失敗しないために必要な4つのエッセンス

【恋人作りのプロセスから学ぶ】マラソンで失敗しないために必要な4つのエッセンス

ランニングノウハウ
この記事は約 6 分で読めます。 1,440 Views

今日はランニングが続かない、マラソンでなかなか目標が達成できないという方に朗報です。

ここで少し、ランニングやマラソンに関する「考え方」を変えてみましょう。

私は、ランニングやマラソンを楽しむ、そして失敗しないためにも、できるだけ他の分野から学習するという習慣が必要だと考えています。

その中でも特に「恋愛」「恋人作り」というテーマには、マラソンで失敗しないための教訓が沢山詰まっているわけです。

そこで今回は、マラソンで失敗しないためのエッセンスを「恋人作りのプロセス」から学んでみることにしましょう。

 

いきなり告白しない!

恋人作りのプロセスの中で、いきなり気に入った異性に対して告白する人はあまりいませんよね。

第一印象だけで決めてしまうことほどリスキーなことはありません。

そもそも、相手側からすると

「この人のことを全く知らないのに、何で付き合わないといけないの・・・」

「この人と付き合うメリットが分からない・・・」

などなど、断る理由は無数にあるわけです。

ただ、一部の恋愛のできない人(自信過剰タイプ)はこれらをやってしまう。

告白をして、付き合ってもらうためには入念な準備が必要です

「この人と付き合うために、自分に足りていないことは何なのか?」

「この人が人を好きになるポイントはどこにあるのか?ルックスなのか、お金なのか、優しさなのか・・・」

時に、好意を抱いている異性の友人からアプローチをしてリサーチすることも必要かもしれません。

そう!まさに情報戦ってやつです。

 

マラソンに関しても同じことをやってはいけません。

全く練習もせず、コースの確認もしないまま自分が思ったとおりにマラソンを走れる人は、そうそういません。

いきなりフルマラソンに出場しても、足を痛めてしまうことがほとんどです。

ですが、一部の自意識過剰タイプの人間は、

「フルマラソンくらい余裕で走れるぜ!」

と思ってしまう。

で、結局失敗する。

ですから、まずは自分の現状を知ることから始めて、

「マラソン完走に必要なものは何なのか?」を考える。

身体が硬いのか、膝に痛みを抱えているのか、そもそもどうやって運動する習慣を作ればいいのかわからないってこともあるかもしれない!

そして、時にマラソン経験者やトレーナーにアドバイスを求めることも必要かもしれない。

所謂、情報戦ってやつだ!

 

相手との駆け引きの中で「空気」を読む

恋愛のプロセスの中で「空気を読む」ことは重要です。

執拗にご飯に誘ったり、執拗にメールを送ったりすれば、異性が引いてしまうことはよくあります。

「押してダメなら引いてみる!」

的な駆け引きが時に必要かもしれません。

いずれにしても、相手に知り気に入ってもらうための「察知能力」が鍵を握ることもあるでしょう。

 

マラソンに関しても、「空気を読む」ことは大事です。

「ここだ!」

と思ってスパートを掛けてみたものの、相手は平然とついてきたり、不意にスパートをかけられて、全くついて行けなくなる時があったりしますよね。

相手の様子を見るために、あえて揺さぶりをかける必要もあるかもしれません。

相手との駆け引きの中で、スパートをかけて引き離すべきか、もう少し我慢して様子を見るべきかの「察知力」は勝負師として非常に大事な鍵を握ります!

\ SNSでシェアしよう! /

ランナーズNEXTの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ランナーズNEXTの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浦中宏典

浦中宏典

ランナーズNEXT 編集長

株式会社ストレッチサポート 代表取締役
1983年8月12日 長崎県長崎市生まれ

高校卒業後、大学でスポーツ科学(運動生理学・バイオメカニクス)を学び、トレーナーとしてスポーツの世界で実績を積む。

主な活動実績はJR東日本硬式野球部、サントリーサンゴリアス(ラグビー・トップリーグ)、国際テニストーナメント、世界陸上大阪大会、日本大学フェニックス(アメリカンフットボール)他。2011年、サハラマラソンランナーのトレーナーとしてトレーニングと身体のケアを担当。

2011年4月に会社を設立。
テクノロジーの力でスポーツアクティビティを今より楽しくすることで、「もっとチャレンジしたくなる世の中を創る」
ために事業活動を行っている。

2015年4月に開催されたサハラマラソンにランナー兼トレーナーとして出場・完走。
2017年9月にはアメリカ ユタ州を中心に開催されるGrand to Grand Ultra(7日間6ステージ273㎞のレース)に参加し完走を果たす。

鍼灸・あん摩マッサージ指圧師の国家資格者でもあるが、現在はランニングウォッチやランニング用パワーメーター(Stryd)などのデバイスを活用しながら、効率的にマラソンやランニングの目標を達成するためのサポートをしている。

自分自身もマラソンやトレイルランニングの実践者として、常に挑戦を続けている。

<メディア掲載実績>
テレビ NHKまちかど情報室
雑誌 Tarzan(マガジンハウス)
雑誌 トレイルラン2017夏号(山と渓谷社)
新聞 長崎新聞
ラジオ 中央FM
専門誌 月刊トレーニング・ジャーナル 他多数

この人が書いた記事  記事一覧

  • 「ランニングテスト」でパフォーマンスレベルが明らかに!果たしてその結果は?

  • 目標とするレースに向けてのスタートは現状把握をすることから〜ASICS Sports Complex RUNNING TEST〜

  • 4ヶ月間の低酸素トレーニングで、身体とランニングパフォーマンスはどう変わるのか?【Ultra Trail Mt. Fuji (UTMF)までのストーリー】

  • 【充実の2日間】100マイル完走攻略トレーニングキャンプ参加レポート

関連記事

  • ランニング中の心拍数は心拍ベルトで測る?手首で測る?

  • ランニングを始めたい、継続したい人が取るべき4つの具体的ステップ

  • 乳酸性作業閾値(LT)を計測しランニングパフォーマンスを向上させるには?

  • ランニングを仲間と一緒にやることで生まれる弊害について僕が思うこと

  • 効率の良いマラソントレーニングを実施するために必要な「最も大切な考え方」とは?

  • 膝の痛みを克服しながらフルマラソンを完走する際に実施した3つのこと