672 views

【On】クラウドベンチャーはあらゆるトレイルシーンで活用できる万能型トレイルシューズ

「新しくトレイルランニングを始めたい!」

と思った時に、最初の壁になるのがトレイルランニング用に使用するシューズ選びではないでしょうか。

特にトレイルランニングシューズがロードランニングシューズと決定的に違うのが靴底の「アウトソール部分」です。

トレイルランニングシューズには、登山靴ほどではないものの、山の中の様々な地形にも対応できるように、凸凹した形状が施されています。

※トレイルランニングシューズ特有の凸凹したアウトソール部分

更に、トレイルランニングシューズは「走る」ことも考慮しているため、凸凹部分の溝の深さ(ラグの深さ)、そしてソールの硬さも様々です。

つまり、用途によってトレイルランニング シューズに求められるスペックも変わってきます。

ロードランニング用シューズと比較しても、実に様々なトレイルランニンングシューズがある中で、今回ご紹介するのはスイスのチューリッヒ に本拠地を持つブランド、On(オン)のCloudventure(クラウドベンチャー)というシューズです。

On Cloudventureの特徴

トレイルランニングシューズを展開するブランドの多くは、様々な商品ラインナップを有しています。

ですが、Onのトレイルランニンングシューズはクラウドベンチャー(ウォータープルーフを含む)とクラウドベンチャーピークの2種類のみ。

中でもクラウドベンチャーは、あらゆるトレイルシーンで活躍する万能型のトレイルランニングシューズです。

より軽量でトレイルランニングレースのパフォーマンスを追求していきたい方には、クラウドベンチャーピークが最適。

ですが、どんな地形にもマッチして、トレーニングでもレースでも使用できるのは今回ご紹介するクラウドベンチャーです。

シーン別に複数のトレイルランニングシューズを履き分けるのも大事ではありますが、これからトレイルランニングを始めたい!という人がはじめから複数のシューズを履き分けるのは容易ではありませんよね。

もちろん、すでにトレイルランニングをライフスタイルの一部として取り入れている人でも「あらゆるトレイルシーンに対応できるシューズを1つ持っておきたい」というニーズはあるでしょう。

そんな時の一足として、クラウドベンチャーは最適です。

On Cloudventureを実際に履いた感触は?

次にクラウドベンチャーを実際のトレイルランニングで履いてみて、気になった部分をいくつかピックアップしていきましょう。

※使用感については人ぞれぞれ感触が違うと思うので、実際にシューズに足を通してみて、履いた感触を確かめていただければと思っています。

フィット感&ホールド感

実際にシューズに足を通してみて、一番強く感じたのが「フィット感、ホールド感の高さ」でした。

これまで様々なシューズを履いてきましたが、フィット感、ホールド感はクラウドベンチャーが一番合っているのではないか?と思うほど。

シューズのアッパー部分は伸縮性と通気性を兼ね揃えており、履いていてストレスを感じません。

多くのトレイルランニングシューズのアッパー部分は生地が厚かったり、硬いものが多く、足に馴染むまでに時間を要するケースが多々あります。

ですが、クラウドベンチャーは生地の厚さと硬さの課題をクリアしつつ、岩や木の根っこなどに足をぶつけてもダメージを抑えるためのプロテクションをも有しているシューズです。

まさに「万能型のトレイルランニングシューズ」と言っていいのではないでしょうか。

クッショニング&ソールの硬さ

Onのトレイルランニングシューズは「雲の上を走っているような感覚」が得られる、高いクッション性と反発性が備わったシューズ!

ということで、実際に履いてみたわけですが、個人的にはソールの硬さが気になってしまいました。

特にロードを含めて、路面が硬いところを走る際のクッション性はあまり感じられなかったわけです。

恐らく普段から厚底かつソールが柔らかめなシューズ(ロード、トレイル 問わず)を履いていることが原因かもしれません。

その分、高い安定感と下からの突き上げには強い印象を持ちました。

一貫した「Onらしさ」を感じるデザイン

クラウドベンチャーはトレイルランニング用のシューズではありますが、Onらしいデザインはロード、トレイル問わず再現されています。

Onのロードランニングシューズを使用している人であれば、クラウドベンチャーを履くことで、すんなりトレイルランニングに適応できるでしょう。

一般的にトレイルランニングシューズは機能を重視するあまり、デザインにまでこだわり抜いたシューズは少ないような感じがしています。

ですが、Onのトレイルランニングシューズは機能面とデザインの両方を追求したシューズであり、履いて走ることが楽しくなるようなシューズではないかと思うわけです。

まとめ

今回はOnのトレイルランニングシューズ、クラウドベンチャーを紹介してきました。

どんな人にクラウドベンチャーがオススメなのか?というと、選ぶ際のポイントは2つあって、

①トレイルランニングシューズの一足目を検討している人。

②あらゆるトレイルシーンに対応できるモデルを探している人。

ではないかと考えます。

特に「トレイルシューズを一足にまとめたい!」という方には強くオススメする一足です。

最後に、動画でもOnのクラウドベンチャーに関する紹介をしてみましたので、参考にしてみてください。