1. TOP
  2. インタビューコンテンツ
  3. ランナーにおすすめの治療院・第2回広尾FIELD鍼灸整骨院(東京)

ランナーにおすすめの治療院・第2回広尾FIELD鍼灸整骨院(東京)

インタビューコンテンツ ランニングと怪我の悩み
この記事は約 8 分で読めます。 3,475 Views

日頃からマラソンの練習・トレーニングに励むランナーであれば、1度は何かしらの身体の怪我や痛み、違和感などを感じた経験があるはずです。もしかしたら、今現在怪我で悩んでいる・・・という人もいるのではないでしょうか。

ですが、整形外科に行っても、ランニングを休みましょうと言われたり、マッサージをしても、整体に行っても、怪我や不調がなかなか良くならない・・・という声を多数聞きます。

そこで、今回はオススメの治療院を紹介する企画の第2回目をお送りします。

2回目にご紹介するのは、東京・渋谷区広尾にある、広尾FIELD鍼灸整骨院です。

鍼灸整骨院と言うと、電気治療、マッサージ、鍼治療というイメージを持つのが普通ですが、広尾FIELD鍼灸整骨院とはどんな所で、普段どんな治療をしているのでしょうか?

同施設、院長の戸塚喜行さんにお話を伺いましたので、早速ご覧ください。

※文中のQ:はインタビュアーからの質問です。

■広尾FIELD鍼灸整骨院とは

Q:鍼灸整骨院を開業するに至った経緯、今の治療に行き着くまでの経緯を教えてください。

長年スポーツの現場でアスレティックトレーナー(トレーナー)として仕事をしてきたわけですが、その中で、40歳という年齢を迎えるにあたり、将来のことを考え始めました。

今後10年先、20年先を考え時に、どうしても一スポーツ現場のトレーナーとして仕事をしていくことの限界(体力的限界)が見えてきます。

もう1つはトレーナーを志す人達が増えてきたということから、世代交代というか、後進に場を譲ることも必要なのではないかと思ったわけです。

トレーナーではありますが、鍼灸マッサージ師としての資格を持っていますし、妻が柔道整復師の資格を持っているということで、自分のお店を持つということは自然の流れでした。

今はちょうど開業して、9年目に入ったところです。

開業当初は保険治療やマッサージ、鍼治療を主体に進めてきましたが、それだとなかなか患者さんが良くならないということで、この8年の間に色々と考えてきました。患者さんの根本的な問題を解決するためには何が必要なのかを。

例えば、マッサージに関して言うと、確かに揉まれると気持ちが良い。楽になったと帰ってもらったのは良いものの、また3日後なり5日後に、「治療された後は良かったんですが、また元に戻りました・・・」という状態になるわけです。

実際に良くなっているのか、良くなっていないのか、私達がいい状態にしているのか、患者さんが勝手に良くなっているのかが見えない・・・

なので、対処療法ではなく、根本的に問題を解決する方法を身につけなければならないということを、実は開業当初から考えてはいました。

その中で、「何を新たに勉強していこうか?」と考えたときに出会ったのが、バイタルリアクトセラピーという治療法です。

※バイタルリアクトセラピーとは、カイロプラクティックの第一人者である故Dr.ピアースによる技術を科学的に証明するため、山﨑雅文氏がコンピュータを搭載した医療装置によって治療効果を分析・証明できるように考案したもの。

スクリーンショット 2016-10-12 21.58.31 ※実際のバイタルリアクトセラピー、施術の様子

提携施設でレントゲンを撮り、身体を分析し、悪いところをみつけて治療していく。そして、結果良くなったということをデータで示していきます。

そうすることで、患者さんも客観的に変化したのかどうかが分かります。

肩が楽になりました、膝の痛みが無くなりました、という感覚的なものではなくて、客観的にデータで良くなったということを証明できます。

IMG_2230※治療前後の状態をデータで示してくれる。写真は施術前後の皮膚温の状態。
治療前(左)は部位によって、皮膚温にバラツキがある。部位ごとの皮膚温が均等になっていると良いのだとか。

色んな角度から身体を診ていくのですが、客観的に評価できるものを元に、数値(データ)の改善を目指していこうと。数値(データ)が良くなっていけば、症状は勝手に良くなっていきます。

Q:数値が良くなったということと、痛みがなくなったということはほぼイコールなんですか?

ほぼイコールです。

Q:ということは、数値は良いけれど、痛みはまだあります、というケースは無いということでしょうか? 

それはあります。ただし、タイムラグが存在していて、データが良ければ、あなたは絶対に良くなりますよ、という風にして治療間隔をあけていきます。そして、実際に良くなります。

Q:今は実際にどんな患者さんが増えましたか?

頭痛、生理痛、便秘、うつ病、パニック障害など、内臓疾患や精神的な疾患を診る機会が増えました。鍼灸整骨院というと、整形外科領域の一分野を担っているという感じですが、この治療を始めてから、あらゆる分野の人達が来るようになりました。

\ SNSでシェアしよう! /

ランナーズNEXTの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ランナーズNEXTの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浦中宏典

浦中宏典

ランナーズNEXT 編集長

株式会社ストレッチサポート 代表取締役
1983年8月12日 長崎県長崎市生まれ

高校卒業後、大学でスポーツ科学(運動生理学・バイオメカニクス)を学び、トレーナーとしてスポーツの世界で実績を積む。

主な活動実績はJR東日本硬式野球部、サントリーサンゴリアス(ラグビー・トップリーグ)、国際テニストーナメント、世界陸上大阪大会、日本大学フェニックス(アメリカンフットボール)他。2011年、サハラマラソンランナーのトレーナーとしてトレーニングと身体のケアを担当。

2011年4月に会社を設立。
テクノロジーの力でスポーツアクティビティを今より楽しくすることで、「もっとチャレンジしたくなる世の中を創る」
ために事業活動を行っている。

2015年4月に開催されたサハラマラソンにランナー兼トレーナーとして出場・完走。
2017年9月にはアメリカ ユタ州を中心に開催されるGrand to Grand Ultra(7日間6ステージ273㎞のレース)に参加し完走を果たす。

鍼灸・あん摩マッサージ指圧師の国家資格者でもあるが、現在はランニングウォッチやランニング用パワーメーター(Stryd)などのデバイスを活用しながら、効率的にマラソンやランニングの目標を達成するためのサポートをしている。

自分自身もマラソンやトレイルランニングの実践者として、常に挑戦を続けている。

<メディア掲載実績>
テレビ NHKまちかど情報室
雑誌 Tarzan(マガジンハウス)
雑誌 トレイルラン2017夏号(山と渓谷社)
新聞 長崎新聞
ラジオ 中央FM
専門誌 月刊トレーニング・ジャーナル 他多数

この人が書いた記事  記事一覧

  • 「ランニングテスト」でパフォーマンスレベルが明らかに!果たしてその結果は?

  • 目標とするレースに向けてのスタートは現状把握をすることから〜ASICS Sports Complex RUNNING TEST〜

  • 4ヶ月間の低酸素トレーニングで、身体とランニングパフォーマンスはどう変わるのか?【Ultra Trail Mt. Fuji (UTMF)までのストーリー】

  • 【充実の2日間】100マイル完走攻略トレーニングキャンプ参加レポート

関連記事

  • 【マラソンレース中のトラブル】足にマメができてしまった時の対処法まとめ

  • ランニングで怪我をしてから再開するまでに必要な全てのこと

  • ランニングシーンでスポーツサングラスが手放せなくなる5つの理由

  • 【保存版】ランニングで膝の痛みが起きてしまったら必ず実施したい具体的対処法の全て!

  • 僅か4年で100回以上開催!全国で広がりを見せている、いま注目の「シャルソン」って何?

  • トップランナー二人が手掛けるSPORTS SCIENCE LABはマラソン界にイノベーションを起こせるか?