1. TOP
  2. ランニングと怪我の悩み
  3. ランニングで痛めた膝を治すために必要な3つのステップ【動画解説付き】

ランニングで痛めた膝を治すために必要な3つのステップ【動画解説付き】

 2016/01/16 ランニングと怪我の悩み
この記事は約 4 分で読めます。

ランニングで痛めた膝を治す方法は、多くの場合、膝を直接治療することではありません。

膝を直接治療して仮に治ったとしても、走りだすとまた膝が痛くなってしまう・・・ということはザラにあります。

もちろん、膝を打撲して腫れてしまった、半月板を損傷してしまったなどのケースは別です。

繰り返し、繰り返し同じ(ランニング)動作を行い、結果として怪我に繋がってしまったケースの場合、結果的に膝が痛くなってしまったわけであって、膝が痛くなってしまった原因は他にあると考えた方が良いでしょう。

例えば、足首が非常に硬いことが原因で膝に痛みが出てしまうケースもありますし、お尻や太ももの裏を使って走れずに、太ももの前ばかりを使って走ってしまうことで、膝を痛めてしまうケースだってあるわけです。

ランニング中に起こる膝の痛みを100%予防することはできません。リクスを抑えることはできますが。

もしランニング中に膝が痛くなってしまった場合は、下記の動画の中で解説してある3つのステップを踏むことが重要です。

万が一、膝を痛めてしまったら、まず考えなければならないことは「膝を痛めてしまった原因は何か?」ということです。

原因が分からなければ、対処のしようがありません。

原因が分からず、膝に電気をあてたりする行為は文字通り対処療法にしかなりません。

何らかの原因があるから、膝痛という結果が出ているわけです。

その原因の多くが、どこかの筋肉や関節が硬くなってしまっているか、どこかの筋肉が弱くなってしまっています。単純に考えると。

なので、硬くなってしまった箇所に関しては硬さを取る、弱くなってしまっているところはトレーニング等で強化する必要があります。

原因を知るためには、あなたの身体、そして身体の使い方を評価してもらう必要があるわけです。

自分の身体のことは、実は自分ではなかなか理解できません。なぜなら、客観的な視点がどうしても抜け落ちてしまうからです。

さらに大切なのは、最終的に個別に硬さを取ったり、強化したりした部分をランニング動作に繋げていくことです。

上記の動画の中でもお伝えした通り、例えば、下記のような横向きでお尻の横の筋肉(中殿筋)を鍛えたとしても、ランニング中にしっかりと中殿筋が働いてくれるのか?というと、そうとも限りません。

※そもそも、お尻の筋肉の強さとランナー膝やジャンパー膝などの膝の怪我の間には、強い関係があることが様々な研究で明らかにされているので、お尻の筋肉を鍛えることは膝の怪我を予防することに繋がります。

もちろん、何もやらないよりはいいのですが。

なぜなら、横向きでのトレーニングは、結局のところ横向きで機能するわけであって、ランニング動作というある特定の動作にはその動作を考慮したトレーニングが必要となります(特異性の原則)。

例えば、下記の動作のような片足でのスクワットはランニングを行う上で、非常に大事なトレーニングです。

片足スクワットの動作を見ていただくと、ランニング動作に近いというだけではなく、片足でしっかりと自分の身体をコントロールする力が要求されます。

結局のところ、ランニング動作は片足着地の連続ですから、満足に片足でのスクワットができなければ、特にレース後半で身体をコントロールできずに、ランニングフォームが崩れてしまうということにも繋がります。

もし、あなたがランニング中に膝を怪我してしまったら、今回の記事でご紹介した3つのステップを踏まえて、早期に復帰するだけでなく、怪我する前よりも身体的にも精神的にも強くなって復帰できるようにしていきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

ランナーズNEXTの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ランナーズNEXTの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浦中宏典

浦中宏典

ビジネスアスリート
データサイエンティスト

株式会社ストレッチサポート 代表取締役
1983年8月12日 長崎県長崎市生まれ

高校卒業後、大学でスポーツ科学(運動生理学・バイオメカニクス)を学び、トレーナーとしてスポーツの世界で実績を積む。

主な活動実績はJR東日本硬式野球部、サントリーサンゴリアス(ラグビー・トップリーグ)、国際テニストーナメント、世界陸上大阪大会、日本大学フェニックス(アメリカンフットボール)他。2011年、サハラマラソンランナーのトレーナーとしてトレーニングと身体のケアを担当。

2011年4月に会社を設立。
テクノロジーの力でスポーツアクティビティを今より楽しくすることで、「もっとチャレンジしたくなる世の中を創る」
ために事業活動を行っている。

2015年4月に開催されたサハラマラソンにランナー兼トレーナーとして出場・完走。
2017年9月にはアメリカ ユタ州を中心に開催されるGrand to Grand Ultra(7日間6ステージ273㎞のレース)に参加し完走を果たす。

自分自身も実践者として、常に挑戦を続けている。

<メディア掲載実績>
テレビ NHKまちかど情報室
雑誌 Tarzan(マガジンハウス)
雑誌 トレイルラン2017夏号(山と渓谷社)
新聞 長崎新聞
ラジオ 中央FM
専門誌 月刊トレーニング・ジャーナル 他多数

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【トレイルランニング用スポーツサングラス】選び方をプロのアドバイスをもとに実証してきた!

  • ランナーが心拍数だけで運動強度を判断するのは限界がある!という話

  • Zwift+Strydの合せ技でランニングマシンでも飽きずに効率よくトレーニングできる?

  • Garmin(ガーミン)の時計・ランニングウォッチのオススメは?選び方を解説してみた

関連記事

  • 市民ランナーは月間200km以上走ると怪我のリスクが高まる!は本当か?

  • 【マラソンレース中のトラブル】足にマメができてしまった時の対処法まとめ

  • マラソンレースやランニング後の筋肉痛を回復させる4つの具体的対処法

  • マラソンレース中に爪が剥がれる・爪が黒くなってしまったらどうする?

  • ランナーにおすすめの治療院・第2回広尾FIELD鍼灸整骨院(東京)

  • オーバープロネーションを改善するために必要な対策まとめ【ランニング編】