ランニングで痛めた膝を治すために必要な3つのステップ【動画解説付き】

ランニングで痛めた膝を治す方法は、多くの場合、膝を直接治療することではありません。

膝を直接治療して仮に治ったとしても、走りだすとまた膝が痛くなってしまう・・・ということはザラにあります。

もちろん、膝を打撲して腫れてしまった、半月板を損傷してしまったなどのケースは別です。

繰り返し、繰り返し同じ(ランニング)動作を行い、結果として怪我に繋がってしまったケースの場合、結果的に膝が痛くなってしまったわけであって、膝が痛くなってしまった原因は他にあると考えた方が良いでしょう。

例えば、足首が非常に硬いことが原因で膝に痛みが出てしまうケースもありますし、お尻や太ももの裏を使って走れずに、太ももの前ばかりを使って走ってしまうことで、膝を痛めてしまうケースだってあるわけです。

ランニング中に起こる膝の痛みを100%予防することはできません。リクスを抑えることはできますが。

もしランニング中に膝が痛くなってしまった場合は、下記の動画の中で解説してある3つのステップを踏むことが重要です。

万が一、膝を痛めてしまったら、まず考えなければならないことは「膝を痛めてしまった原因は何か?」ということです。

原因が分からなければ、対処のしようがありません。

原因が分からず、膝に電気をあてたりする行為は文字通り対処療法にしかなりません。

何らかの原因があるから、膝痛という結果が出ているわけです。

その原因の多くが、どこかの筋肉や関節が硬くなってしまっているか、どこかの筋肉が弱くなってしまっています。単純に考えると。

なので、硬くなってしまった箇所に関しては硬さを取る、弱くなってしまっているところはトレーニング等で強化する必要があります。