1. TOP
  2. ランニングとビジネス
  3. 企業組織を強くするために必要なスポーツ限界体験活用術

企業組織を強くするために必要なスポーツ限界体験活用術

 2015/09/08 ランニングとビジネス
この記事は約 4 分で読めます。

企業組織・チームを強くするには何が必要なのか?

経営者だけでなく、組織を強くしたいと思うビジネスパーソンであれば、誰もが一度は考えるテーマではないでしょうか?

デキる経営者・ビジネスパーソンの中には知力だけでなく、体力と精神力も必要だ!ということで、ビジネスをバリバリやりながら、マラソンやトライアスロンに果敢に挑戦する方も増えてきています。

なぜビジネスもバリバリやりながら、マラソンやトライアスロンに挑戦ができるのか?

つまり、なぜ彼らは知力とともに体力と精神力をも追い込むことができるのか?

自己を開放し、人と人とが繋がるキッカケに

236978172_640

マラソンやトライアスロンなど「限界に挑戦する」スポーツに取り組むことは、単に体力と精神力を鍛えるだけにとどまりません。

その限界体験を「チームで」共有することで、チーム自体の繋がりが強化されます。

実は、多くの経営者が何らかの(マラソンやトライアスロン)チームに所属しています。
※自分でチームを作る場合もありますが。

もちろん、毎回皆で集まって走っているのではなく、基本的にトレーニングは1人でやることの方が多いです。

ですが、レースや合宿、懇親会(飲み会)を絡めた練習など、定期的に集まる機会を作っています。

その方が楽しいに決まっています。

もともとスポーツには、「人と人とが繋がるキッカケを作る力」があります。

では、なぜスポーツによって、人と人とが繋がるキッカケになるのか?

ということを突き詰めると、スポーツ体験により「自分を解放できる」というところにたどり着きました。

とにかく社会に出ると、自己解放、自己表現が難しいと感じてしまいます。

なぜなら、多かれ少なかれ、他者の評価を気にしてしまうからです。

会社組織の中では、部下が上司に気を遣いすぎる・・・
もちろんそんなケースもあるでしょう。

ですが、それだけでなく、最近では経営者側が社員に気を遣いすぎる・・・

という時代です。

そうすると、本気で本音を言える組織作りが難しくなります。
もちろん、建前も大事ですが。

そういう世の中だからこそ、「自然に」本気体験、限界体験ができるのは非常に貴重です。

組織内でスポーツ活動による本気体験を行うことで、メンバーひとりひとりの自己を解放する。

そうすることで、より本気で本音を語れる場作りができるわけです。

自己の解放を組織作りに繋げる仕組み

s_pic_c0882

ただ、企業組織でスポーツを全力ですればいいのかというと、そうではありません。

自己を開放し、コミュニケーションができる状態を作る。

言うは易しですが、実際には本気でスポーツを取り組む仕組みがなければ、チームは機能しません。

もし、やりたくない・・・ダルい・・・面倒くさい・・・

などの感情が入ろうものなら、逆効果です。

ウチの会社は、気合と根性論だけで、社員にシゴキを与えている!

なんて言われた日には、たまったものではありません。

自己を開放し、コミュニケーションができる状態を作るには、事前に仕掛けを作っておかなければなりません。本気を出さざるを得ない状況をいかに作れるかが、勝負です。

逆に言うと、その仕掛けさえできれば、自然にメンバー全員が活動に参加してくれるので、あとは勝手に素の自分を出してくれます。

まとめ

強いチームを作るために、スポーツにおける本気の体験をする。

良さそうだなとは思うものの、一過性の効果しか期待できないのでは?

と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

確かに、単にスポーツをやるだけでは、いい汗かいたな!という程度で終わってしまいます。

ですから、スポーツの持つ力を引き出しつつ、その効果を持続させる仕組みが必要になるわけです。

大きな意味で言うと、スポーツを通じて人生における変化の機会を提供する!

という心意気で、筆者自身も事業活動に勤しみたいと思っています。

 

\ SNSでシェアしよう! /

ランナーズNEXTの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ランナーズNEXTの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浦中宏典

浦中宏典

ビジネスアスリート
データサイエンティスト

株式会社ストレッチサポート 代表取締役
1983年8月12日 長崎県長崎市生まれ

高校卒業後、大学でスポーツ科学(運動生理学・バイオメカニクス)を学び、トレーナーとしてスポーツの世界で実績を積む。

主な活動実績はJR東日本硬式野球部、サントリーサンゴリアス(ラグビー・トップリーグ)、国際テニストーナメント、世界陸上大阪大会、日本大学フェニックス(アメリカンフットボール)他。2011年、サハラマラソンランナーのトレーナーとしてトレーニングと身体のケアを担当。

2011年4月に会社を設立。
テクノロジーの力でスポーツアクティビティを今より楽しくすることで、「もっとチャレンジしたくなる世の中を創る」
ために事業活動を行っている。

2015年4月に開催されたサハラマラソンにランナー兼トレーナーとして出場・完走。
2017年9月にはアメリカ ユタ州を中心に開催されるGrand to Grand Ultra(7日間6ステージ273㎞のレース)に参加し完走を果たす。

自分自身も実践者として、常に挑戦を続けている。

<メディア掲載実績>
テレビ NHKまちかど情報室
雑誌 Tarzan(マガジンハウス)
雑誌 トレイルラン2017夏号(山と渓谷社)
新聞 長崎新聞
ラジオ 中央FM
専門誌 月刊トレーニング・ジャーナル 他多数

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【トレイルランニング用スポーツサングラス】選び方をプロのアドバイスをもとに実証してきた!

  • ランナーが心拍数だけで運動強度を判断するのは限界がある!という話

  • Zwift+Strydの合せ技でランニングマシンでも飽きずに効率よくトレーニングできる?

  • Garmin(ガーミン)の時計・ランニングウォッチのオススメは?選び方を解説してみた

関連記事

  • なぜデキるビジネスパーソンは走るのか?ランニングとビジネスに共通する2つの視点

  • なぜスポーツやランニングをすることが人生に変化をもたらすのか?

  • ランナーとして必要不可欠な「成長する」技術と限界突破力!

  • ビジネスパーソンがハイパフォーマンスで仕事をするためのランニング活用術

  • ランニングはただ走るだけではもったいない!あなたの人生を10倍楽しくするランニング活用法

  • 走る時間がない!というランナーはどうやってランニングの時間を確保すれば良いのか?