ビジネスパーソンがハイパフォーマンスで仕事をするためのランニング活用術

ビジネスパーソンが仕事で成果を出すためには何が必要なのでしょうか?

もちろん、仕事上必須となる専門スキルや知識、経験などはあると思いますが、それら全ての下支えとなるものが

「自己管理能力」です。

特に起業家・経営者であれば、自己管理能力の欠落が業績を停滞させ、最悪の場合、業績の低下を招くことにもなるでしょう。

もう一つ、自己管理能力の欠落は年齢と共に体調、そして体型にも現れてきます。

若い頃は体型も痩せ型で太ることなんて想像できなかったのに、歳を重ねる毎に徐々にお腹まわりの脂肪が気になってしまう・・・。

何とかして体脂肪の増加を食い止めたい、痩せたいという願望は日に日に増すばかり。

ズルズルと月日は流れ、ダイエットのキッカケを探す日々が続きます。

起業家や経営者であれば、仕事を優先するあまり、運動やダイエットは後回しになりがちに・・・。

そんな起業家・経営者のために記事を書いてみようと思うわけです。

テーマは「ビジネスパーソンがハイパフォーマンスで仕事をするためのランニング活用術」です。

実は運動を含めた自己管理能力を高めるためのキッカケ作りに最適なのが「ランニング」です。

その理由を5つのポイントに分けて考えていきたいと思います。

一人の時間を強制的に確保し、内省できる

s_a2447297

ビジネスパーソン、特に起業家や経営者にとって一人の時間は貴重です。

仕事をしている最中はスタッフが、家に帰れば家族がいる人であれば一人の時間を確保するのが難しい。

一人で集中して考える時間となると、尚更ですね。

誰かと一緒にランニングをする場合は別ですが、一人で走っていれば、その間一人で考える時間を確保できます。

基本的に自分のペースである程度の余裕を持って走る場合には、脳の前頭前野という部分が活性化し、アイデアが湧きやすい状態を作ることができます。

さらに、ランニングをすることで海馬という人間の記憶を司る部分が大きくなることで、記憶力もアップするわけです。

一人の時間を確保しながら(この時間をビジネス上の考え事に当てます)、健康にもなれるということでビジネスパフォーマンスを高めるためには一石二鳥ということです。

数値計測できる項目が多数あるので「ハマりやすい」

s_Body-Mass-Index

次にランニングをビジネスパフォーマンスに活かすという切り口で考えると、大事なのは「数値化」です。

何となく痩せたかな、速く走れるようになったかな・・・という状態よりも、

1ヶ月前より、2㎏体重が落ちた!とか3ヶ月前より10kmを1分速く走れるようになった!

と数値で成果を捉えることができた方がモチベーションを維持できます。

数値の改善とともに、体調が良くなる=パフォーマンスが上がるということが実感できるはずです。

ランニングの場合は、先程の体重や時間の他に、走った距離、心拍数、体脂肪、消費カロリーなどの数値計測が可能です。

これからランニングを始めたいという方が全ての数値を計測し、記録しておくことはハードルが高いと思いますが、自分が特に計測をしておきたいことのみ、常に追っておくといいでしょう。

ランニングウォッチやスマホアプリ等にひとまず記録させておけば、後々振り返りができるのでおすすめです。

最初のコメントをしよう

必須

*