1. TOP
  2. ランニングとダイエット
  3. ランニングでダイエットを始める前にこの5つのチェックポイントは押さえておこう!

ランニングでダイエットを始める前にこの5つのチェックポイントは押さえておこう!

 2015/04/17 ランニングとダイエット
この記事は約 5 分で読めます。 1,359 Views

2015年度がスタートし、半月が経過しました。

これから一気に暖かくなり、気がつけば夏本番です!

ちょっと今年度早々から食べ過ぎ、飲み過ぎてしまったな・・・

という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

それと同時に、今年の目標に「ダイエットに成功すること」を掲げた人も、いらっしゃるかもしれません。

もしかしたら、ダイエットの成功が毎年の目標になってしまっている!なんて人も・・・

そこで、今回はダイエットを始める前に知っておきたいことをテーマに書いていきたいと思います。

ダイエットには本当に沢山のノウハウが出回っていますが、全てに共通するポイントを紹介します。

もしあなたがランニングでダイエットをしようと考えていても、活用できるポイントですので、1つずつ読んでみてください。

小さなステップを積み上げていく

ダイエットを成功させようということ自体、とても素晴らしいことではあるのですが、頑張って立てた目標の内のほとんどが、いつの間にか忘れ去られてしまいます。

もしくは、来年以降の目標として先延ばしになってしまうこともしばしば。

はじめの数週間、数日は頑張ってみたけれど、なかなか継続することができずに挫折してしまった・・・。

という方が多いのも事実です。

ですから、まずダイエットを始める際には、いかに継続をしていくか?

を考えなければなりません

「継続する仕組み作り」ですね。

そこでポイントとなるのが、一つ一つのアクション(ステップ)は小さいものを積み上げていく!

ということです。

できるだけ楽に、一歩が踏み出せそうなものから積み上げていって下さい。

最初から、週3回ランニングを続けるとか、必ず毎週2回はジムに通うなどの目標設定をしてはいけません

例えば、いつも自転車で移動している道を歩いてみる、

まずはランニングウエアに着替えて、家の周りを散歩する、など

ステップを細かくして、最終的に「週3回のランニング」などの習慣を作っていくことが重要です。

ジムやスポーツクラブはある程度運動する習慣が付いてから、プラスアルファの効果を狙って通い始めたほうが長く通えます。

タイムマネジメント

繰り返しになりますが、はじめは週に一回はウォーキングする時間を確保し、外に出て歩いてみることからスタートして構いません。

時間を確保し、外にでる習慣が付いたら、ペースを上げる、ちょっと走ってみる等、次のステップに移ればいいんです。

このようにお伝えすると、

「なかなか運動する時間が作れなくて・・・」

という方がいらっしゃいます。

ダイエットが継続できない理由として「時間がない」というある種の言い訳は、非常に頻繁に出てくるわけです。

最初から沢山の時間を運動にあてる必要はありません。

お風呂に入る前に腕立てと腹筋をする!

朝30分だけ早起きして散歩する!

誰もができることからスタートし、徐々に運動する時間を確保していけばいいのです。

ですから、まずはランニングなり筋トレなりの時間を確保できるよう、タイムマネジメントする習慣を作る。

ここが全てのスタートです。

ノウハウに振り回されない

次に大事なのは、

決してダイエットノウハウに振り回されてはいけない!

ということです。

ダイエットに限らずですが、物事を継続できない人は絶えず「チャンス」を追求してしまいます。

こっちのダイエット法より、こっちの方が効果が出るんじゃないか・・・

こっちの方が楽に取り組めるから、方法を変えよう!

など。

巷には様々なダイエットノウハウで溢れていますが、本質的なものほど結果が出るまでにある程度の時間がかかります。

ですから、どれか一つに方法を絞り、アレンジすることなく言われている通りに継続してみることが何より大切です。

極端なダイエット法に手を出さない

できるだけ早く結果を出したい人が陥ってしまう罠です。

極端な食事制限や超短期間のダイエット法ほど、リバウンドのリスクが潜んでいます。

例えば、極端な食事制限をしながら(リンゴダイエット等)、短期間でのダイエット成功を目指すのは、身体に負担がかかります。

ですから、一度その食事習慣を崩してしまうと、徐々に体重は元に戻ってしまうわけです。

方法論として王道のもの程結果が出ますし、リバウンドのリスクもありません。

どうしても継続ができないという人は、うまくパーソナルトレーナーにサポートをしてもらいながら、ダイエットを実施するといいでしょう。

パーソナルトレーナーも運動を継続する仕組み作りとして活用すると、大きなレバレッジを生みます。

仲間と目標を達成する

「継続する仕組み」という点では、仲の良い数名(できれば3名以上)とグループを作って取り組むのも良いでしょう。

全員が共倒れしないようにだけは注意しないといけませんが(笑)、仲の良いメンバーなら互いに切磋琢磨できると思います。

自然にフェイドアウトしないように、仲の良い人たちでグループを作るのがポイントですね!

ポイントは3名以上でメンバーを構成すること。

2人だと共倒れのリスクがありますし、なあなあになってしまうことが多々ありますので・・・。

実際に毎回集まって運動をする必要はありません

もちろん、できるに越したことはありませんが、オンラインサービスを活用するのも手です。

メールやLINE、Facebookのグループ等で実践報告をしていって下さい。

まとめ

以上をまとめると、ダイエットを始める前に抑えておくべきポイントは、

①簡単に一歩が踏み出せる小さなステップを積み上げていく

②タイムマネジメントにより、運動する時間を確保する

③ノウハウに振り回されない

④極端なダイエット法を実施しない。ゆるく長く続けれそうなものをチョイスする

⑤仲の良い数名とグループを作り、切磋琢磨する。

参考にしていただければ幸いです。

\ SNSでシェアしよう! /

ランナーズNEXTの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ランナーズNEXTの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浦中宏典

浦中宏典

ランナーズNEXT 編集長

株式会社ストレッチサポート 代表取締役
1983年8月12日 長崎県長崎市生まれ

高校卒業後、大学でスポーツ科学(運動生理学・バイオメカニクス)を学び、トレーナーとしてスポーツの世界で実績を積む。

主な活動実績はJR東日本硬式野球部、サントリーサンゴリアス(ラグビー・トップリーグ)、国際テニストーナメント、世界陸上大阪大会、日本大学フェニックス(アメリカンフットボール)他。2011年、サハラマラソンランナーのトレーナーとしてトレーニングと身体のケアを担当。

2011年4月に会社を設立。
テクノロジーの力でスポーツアクティビティを今より楽しくすることで、「もっとチャレンジしたくなる世の中を創る」
ために事業活動を行っている。

2015年4月に開催されたサハラマラソンにランナー兼トレーナーとして出場・完走。
2017年9月にはアメリカ ユタ州を中心に開催されるGrand to Grand Ultra(7日間6ステージ273㎞のレース)に参加し完走を果たす。

自分自身も実践者として、常に挑戦を続けている。

<メディア掲載実績>
テレビ NHKまちかど情報室
雑誌 Tarzan(マガジンハウス)
雑誌 トレイルラン2017夏号(山と渓谷社)
新聞 長崎新聞
ラジオ 中央FM
専門誌 月刊トレーニング・ジャーナル 他多数

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【GRAND TRAIL 】7日間6ステージ273kmに及ぶ「旅」の魅力!

  • なぜマラソンで30km以降に失速してしまうのか?レースで成功するために越えるべき5つの壁

  • スント 9(SUUNTO 9)ランニングウォッチ・GPSウォッチレビュー

  • 【Run With Power】パワートレーニング入門セミナー・イベントレポート

関連記事

  • ランニングでダイエットを始めて痩せるまでの具体的ステップ

  • ランニングでダイエット!痩せたいならこの一点だけは必ず注意しておこう!

  • ランニングで痩せるために最も必要なことは運動の中身や食事法ではなかった!

  • 夏本番のダイエット!必ず知っておきたい体重の話

  • ランニングのダイエット効果を高める時間帯、マラソンのパフォーマンスUPに最適な時間帯はいつ?

  • ランニングダイエットで「痩せない!」と悩んだ時に読むべき5つのポイント