1. TOP
  2. ランニングお役立ち情報
  3. ランニングフォームを可視化するスマートシューズ【ORPHE TRACK】

ランニングフォームを可視化するスマートシューズ【ORPHE TRACK】

ランニングフォームを正しく評価するにはどうすればいいのか?の記事の中で紹介したように、現段階ではランニングフォームの分析に、

①映像等を使った実際の動作評価

②テクノロジーを活用した評価

2つが必要です。

なぜなら、映像上の動作だけではどうしても評価する者の主観や経験による違いが出てきますし、テクノロジーだけでは数値には現れない細かな動きや癖を評価する限界があるからです。

上記の記事の中で、「現状はランニング中に取得できるデータの項目数、データの精度は発展途上です。まだまだ改善の余地が残っている領域と言って良いでしょう。」

との見解を示しているわけですが、今回は新たにランニングフォームをテクノロジーの力を使って定量化できる日本発のスマートシューズ、ORPHE TRACKをご紹介したいと思います。

■ORPHE TRACKとは?

ORPHE TRACK」はすべての靴をAI搭載のIoTシューズにするためのプラットフォームです。

これまでは通常のランニングシューズに専用のデバイスを取り付けることで、様々なデータを計測していました。

ですが、ORPHE TRACKはランニングシューズ内に専用のセンサー”ORPHE CORE”を埋め込み、ランニングフォームに関する様々な指標を数値化してくれます。

つまり、シューズとセンサーはセットになっているわけです。

シューズの中敷を取り外すと、踵部分に専用のセンサーORPHE COREを埋め込む部分があり、ランニングを行う前にスマートフォンとペアリングした状態で走ります。

ORPHE CORE6軸モーションセンサー・気圧センサー・振動モーターなどを通じて、リアルタイムで高精度の運動解析とフィードバックを可能にしました。

センサーがランニングシューズの「中」にあることで、ランニングの「外」に取り付けていたものと比較して、精度の高いランニングデータの取得が可能になります。

センサーは左右のシューズ内に埋め込まれ、各データの左右差を評価することが可能です。ランニングにより発生するであろう怪我の予防や改善にも効果を発揮します。

上の写真では少し分かりにくいですが、ペアリング中はセンサー部分がライトアップされる仕組みになっており、ナイトランの際は多くの注目を集めること間違いなしです。

■ORPHE TRACKで計測できるもの

ORPHE TRACKでは大きく6つのデータ項目を計測することが可能です。

順番に見ていきましょう。

まずは、多くのランナーが興味のあるランニング中の接地位置について。

スマートフォンアプリ上ではHEEL(踵着地)、MID(足の真ん中で着地)、FORE(足の前側で着地)の3パターンに分かれており、ランニング中に「どのくらいの割合で、どこで着地をしていたのか?」をフィードバックしてくれます。

上記の写真ではランニング全体を通じて、左右共に100%踵で着地していたことを示しています。

参考記事:ランニングフォームからマラソンで疲れない走り方、着地方法を考える

次にランニング中のプロネーションの角度についても、数値化してくれます。

ランニング中の足部のプロネーションとは、着地をした際に足部がどれくらい内側に倒れこむか(土踏まず部分が潰れる方向に倒れるか)であり、数値が大きい=より足部が内側に倒れ込んでいると判断できるわけです。

ランニングスピードによってプロネーションの角度は変わってきますが、基本的にプロネーションが大きいと怪我のリスクも大きくなります。

足部のプロネーションは下肢の怪我との関連も強いので、数値化できるのは大きな強みだと言えるでしょう。

参考記事:オーバープロネーションを改善するために必要な対策まとめ【ランニング編】

次にストライドとピッチに関するデータです。

多くのランニングウォッチ・GPSウォッチでも計測可能な指標なので、馴染みのある方も多いのではないでしょうか?

1つ注意点としては、ストライドは2歩分のデータを表示しているそうで、1歩あたりの平均で見ると、左が112cm、右が109cmの歩幅ということになります。

\ SNSでシェアしよう! /

ランナーズNEXTの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ランナーズNEXTの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浦中宏典

浦中宏典

ランナーズNEXT 編集長

株式会社ストレッチサポート 代表取締役
1983年8月12日 長崎県長崎市生まれ

高校卒業後、大学でスポーツ科学(運動生理学・バイオメカニクス)を学び、トレーナーとしてスポーツの世界で実績を積む。

主な活動実績はJR東日本硬式野球部、サントリーサンゴリアス(ラグビー・トップリーグ)、国際テニストーナメント、世界陸上大阪大会、日本大学フェニックス(アメリカンフットボール)他。2011年、サハラマラソンランナーのトレーナーとしてトレーニングと身体のケアを担当。

2011年4月に会社を設立。
テクノロジーの力でスポーツアクティビティを今より楽しくすることで、「もっとチャレンジしたくなる世の中を創る」
ために事業活動を行っている。

2015年4月に開催されたサハラマラソンにランナー兼トレーナーとして出場・完走。
2017年9月にはアメリカ ユタ州を中心に開催されるGrand to Grand Ultra(7日間6ステージ273㎞のレース)に参加し完走を果たす。

鍼灸・あん摩マッサージ指圧師の国家資格者でもあるが、現在はランニングウォッチやランニング用パワーメーター(Stryd)などのデバイスを活用しながら、効率的にマラソンやランニングの目標を達成するためのサポートをしている。

自分自身もマラソンやトレイルランニングの実践者として、常に挑戦を続けている。

<メディア掲載実績>
テレビ NHKまちかど情報室
雑誌 Tarzan(マガジンハウス)
雑誌 トレイルラン2017夏号(山と渓谷社)
新聞 長崎新聞
ラジオ 中央FM
専門誌 月刊トレーニング・ジャーナル 他多数

この人が書いた記事  記事一覧

  • SUUNTO7は一歩先を行くアウトドアウォッチ&スマートウォッチ

  • Apple Watchはランニングやマラソンでも「使える」のか?

  • SUUNTO(スント)3はフィットネスウォッチとして新たな市場を作る!

  • スントらしさの詰まったSUUNTO(スント )5レビュー

関連記事

  • おすすめトレイルランニング・ウルトラマラソン用ヘッドライト【最新版】

  • 橘湾岸スーパーマラニックL部門173㎞を攻略するために!

  • Zwift+Strydの合せ技でランニングマシンでも飽きずに効率よくトレーニングできる

  • アミノ酸、クエン酸、糖質サプリメントの活用術【ランニング編】

  • スペインでランニングの大会に参加する魅力を紹介!

  • 【マラソンのエネルギー補給】エナジージェルはどう選ぶ?