走ることが好きになるには感動体験を得続けるしか無い!

日本の市民ランナーの殆どは、社会人になってからランニングを始めます。

別にランニングが好きだから走り始めたのではなく、健康の保持・増進のため、ダイエット目的で、ストレス解消のため、友人に誘われて何となく・・・といったケースがほとんどを占めるのではないでしょうか?

今でこそ、走るのが好きで毎日のように走っている人でも、はじめから好きだったのか?と問われたら、恐らく違うはずです。

既にバリバリ走っている人も、始めは5㎞を走るのが嫌だった・・・

という人は多いはず。

「市民ランナー」と一括りで考えても、ランニングを始めたばかりの人もいれば、毎日走らなければ気が済まない!という人まで様々です。

ランニングを始めてから、長期間継続できる人もいれば、途中で挫折してしまう人もいます。

つまり、走ることが好きになれる人と、なれない人がいるわけです。

もちろん、全ての人が走ることが好きになれるか?というと、そんなことはまずあり得ません。

東洋経済Onlineの記事で、

スポーツメーカーのデサントが行った調査によると、ランニングを1年以上「継続」できたランナーは23.6%という寂しい結果が出た。しかも、6カ月以内に走るのをやめてしまった「燃え尽きランナー」は68.0%に到達。

と紹介されています。

ランニングが好きな人よりもむしろ、継続できない人の方が圧倒的に多いわけです。

では、どうすれば走ることが好きになれるのでしょうか?6ヶ月以内で燃え尽きること無く、挫折することなく、継続することができるのでしょうか?

s_TheHabitLoop※習慣化にはきっかけルーティン報酬の3つの要素が必要

世の中には、いわゆる「習慣化」のノウハウがいくつかあります。

チャールズ・デュヒッグの著書、習慣の力によると何らかの物事を習慣化させるには、きっかけルーティン報酬の3つの要素が必要であり、これら3つをサイクルとして回していく必要があると述べています。

どういう事かというと、例えば毎朝走る習慣を付けたいのであれば、まずシンプルなきっかけ(朝食の前に必ずランニングシューズの紐を結ぶ、ランニングウエアをベッドの横に置いておくなど)と明確な報酬(ランチのごちそう、走行距離を記録しておくことへの達成感、ランニングによるエンドルフィンの分泌など)が必要だということです。

30日で人生を変える「続ける」習慣の中では、①ベビーステップで始める②シンプルに記録する③パターン化する④例外ルールを設ける⑤継続スイッチをセットする⑥変化をつける⑦次の習慣を計画することで習慣化できるとのこと。

ただし、ここで言う「ランニングが継続できなかった人」というのは習慣化ができなかったというよりも、習慣化はできていたけれど、走り過ぎて燃え尽きてしまった人たち、怪我などで走れなくなってしまった人たち、走ること自体が面白くなくなってしまった人たちを指します。

つまり、習慣化できなかったのではなく、走ることに楽しさを見いだせなくなってしまった人たちなのではないかと。

前述の習慣の力の中で、「報酬」というキーワードを挙げました。ランニングやマラソンで言うのであれば、報酬=成功体験と言って良いでしょう。

最初のコメントをしよう

必須

*