1. TOP
  2. ランニングお役立ち情報
  3. ランニングの疲労回復、セルフケアで使えるストレッチポールの効果とは?

ランニングの疲労回復、セルフケアで使えるストレッチポールの効果とは?

 2015/07/22 ランニングお役立ち情報 ランニングと身体のケア
この記事は約 4 分で読めます。 8,617 Views

日々ランニングやマラソンをやっていると、身体に疲労がたまったり、何だかダルさが取れなかったりということがしばしば起こります。

取り組み方、追い込み方などによっても変わりますが、特に日頃からハードトレーニングを積んでいる方は慢性的に疲労が溜まりやすいですし、そこまでランニングをしていない人でも、仕事でのストレスなどが相まって、疲労が蓄積してしまうことだってあり得ます。

ランニングやマラソンで最高のパフォーマンスを発揮するという観点でも、日常生活で最高のパフォーマンスを発揮するという観点でも、できる限り疲労は蓄積したくないですし、仮に疲労が溜まったとしても、素早く疲労回復させたいものです。

そこで、今回は「ランニングの疲労回復」をテーマで記事を書きたいと思います。

もちろん、「疲労」にも様々な要素が絡んできますが、今回は筋肉痛、腰が重だるいなどの身体的な疲労を回復させるため方法を考えていきましょう。

疲労を回復させる方法にも様々なアプローチがありますが、セルフケアができるツールとして「ストレッチポール」をご紹介します。

31lNu2tlInL

※ストレッチポールと同じような商品でフォームローラーという商品もありますし、類似商品も多数ありますが、LPN社のストレッチポールという認識のもとご紹介していきます。

LPN社のストレッチポールの中身の芯材は、強度と粘性にこだわった発泡オレフィン系樹脂を使用しており、
発砲スチロールなどと違い、耐久性の良い素材です。

トップアスリートから高齢者まで、様々な目的で活用されています。

既にご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、ストレッチポールとは長さ1m程の円柱で、主にこの円柱の上に頭からお尻までを乗せた状態で使います。

Gj9HLcvBXhPCawS_19006

使い方は1つではありませんし、目的によって様々な使い方ができるわけですが、ここでは腰や背中、肩周りの筋肉をリセットする(ほぐす)方法をお伝えできればと思っています。

そう、この1m程の円柱でちょっとしたエクササイズを行うだけで、筋肉をリセットすることができるので、疲労回復に有効なんです。

このポールの上に乗っかって、ちょっとしたエクササイズをするだけで筋肉がほぐれると言うと、

「ホントかよ!?」

と思われる方も多いと思いますが、イメージとしては筋肉を揉みほぐすのではなく、背骨を元の位置に戻すことで、それに付随する筋肉(群)も一緒に最適な場所に戻してあげるといった感じです。

さらにストレッチポールの上に乗っているだけで、副交感神経が優位になるため、心も身体もリラックスができます。
この上でエクササイズをしていると、段々眠くなります。

1m程のポールの他にも、半分の長さのポールや半円形のポールと3種類ありますので、用途に合わせて使うことをオススメします。

とは言え、仮にポールを持っていても、なかなか使い方が分からい・・・

ということが多いと思いますので、ベストはパーソナルトレーナーさんにご相談するのがいいと思いますが、下記のビデオを参考に、腰から首周りが「緩んだ」感覚を味わってみるといいでしょう。

今回はストレッチポールを少しだけ解説するような形になりましたが、いかがだったでしょうか?

繰り返しになりますが、「疲労」にも色んなものがあります。

肉体的な疲労、精神的な疲労。

肉体的な疲労の中にも、筋肉的なものもあれば、内蔵疲労もあります。

ぜひ、疲労の原因を踏まえて、対処の方法を考えていただければと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

ランナーズNEXTの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ランナーズNEXTの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浦中宏典

浦中宏典

ランナーズNEXT 編集長

株式会社ストレッチサポート 代表取締役
1983年8月12日 長崎県長崎市生まれ

高校卒業後、大学でスポーツ科学(運動生理学・バイオメカニクス)を学び、トレーナーとしてスポーツの世界で実績を積む。

主な活動実績はJR東日本硬式野球部、サントリーサンゴリアス(ラグビー・トップリーグ)、国際テニストーナメント、世界陸上大阪大会、日本大学フェニックス(アメリカンフットボール)他。2011年、サハラマラソンランナーのトレーナーとしてトレーニングと身体のケアを担当。

2011年4月に会社を設立。
テクノロジーの力でスポーツアクティビティを今より楽しくすることで、「もっとチャレンジしたくなる世の中を創る」
ために事業活動を行っている。

2015年4月に開催されたサハラマラソンにランナー兼トレーナーとして出場・完走。
2017年9月にはアメリカ ユタ州を中心に開催されるGrand to Grand Ultra(7日間6ステージ273㎞のレース)に参加し完走を果たす。

鍼灸・あん摩マッサージ指圧師の国家資格者でもあるが、現在はランニングウォッチやパワーメーターなどのデバイスを活用しながら、効率的にマラソンやランニングの目標を達成するためのサポートをしている。

自分自身もマラソンやトレイルランニングの実践者として、常に挑戦を続けている。

<メディア掲載実績>
テレビ NHKまちかど情報室
雑誌 Tarzan(マガジンハウス)
雑誌 トレイルラン2017夏号(山と渓谷社)
新聞 長崎新聞
ラジオ 中央FM
専門誌 月刊トレーニング・ジャーナル 他多数

この人が書いた記事  記事一覧

  • 「才能の正体」から学ぶ、マラソンの才能・能力を伸ばすために必要な考え方【編集長コラムVol.1】

  • 【新企画】編集長コラムがスタートします!

  • Garmin(ガーミン)のアウトドアウォッチInstinct(インスティンクト)機能まとめ

  • 【最新ウェアラブルデバイスHumon Hex】ランニング時にリアルタイムで筋肉中の酸素を計測し、疲労状態を可視化する!

関連記事

  • 【ランニングシューズのインソール】選ぶ際の注意点を徹底解説!

  • ランニングブームは定着したのか?日本のランニング人口1,000万人に対する疑問

  • ランニングシーンでスポーツサングラスが手放せなくなる5つの理由

  • 【保存版】ランニングタイツ、機能性タイツおすすめベスト5

  • ランニングで怪我をしてから再開するまでに必要な全てのこと

  • トップランナー二人が手掛けるSPORTS SCIENCE LABはマラソン界にイノベーションを起こせるか?