1. TOP
  2. サブ3.5達成企画
  3. 館山若潮マラソンのレース結果とサブ3.5達成の行方

館山若潮マラソンのレース結果とサブ3.5達成の行方

サブ3.5達成企画 マラソンレポート
この記事は約 6 分で読めます。 4,997 Views

去る2016年1月31日(日)に千葉県館山で第36回館山若潮マラソンが開催されました。

フルマラソンには7,500人が参加。

筆者も一参加者として約10ヶ月ぶりにフルマラソンのレースの参加することに。

今回のテーマは「自己ベスト4時間34分台のランナーが3ヶ月のトレーニングでサブ3.5を達成できるのか?」。

3ヶ月間のトレーニングの集大成として、フルマラソンのレースマネジメントの実際、ということでお伝えしていきたいと思います。

スクリーンショット 2016-02-05 8.08.07
※実際のコースマップ:SUUNTO AMBIT 3 SPORTにて計測。

スクリーンショット 2016-02-05 9.27.14
※館山若潮マラソン公式HPより

図として見ると非常にアップダウンの多いコースに見えますが、実際は20㎞過ぎから緩やかなアップダウンがいくつか続く程度で、他はほぼフラットなコース。

当日は風も無く、天候も回復し、絶好のマラソン日和となりました。

スタートは3時間30分のペーサーと一緒に。そこから約5㎞はペーサーの後ろにくっついて走る展開をとりました。

スタートして最初の1㎞は混雑のためきちんと走ることができませんでしたが、1㎞過ぎてから5分/kmを切るペースで快走。

5㎞を過ぎて、コンディションが良かったせいか、自然とペースが速くなってしまいました。

あまり時計を気にしながら走るのもストレスになると思ったので、身体の動くままに。

中間点の通過記録は1時間41分38秒。

中間点付近でのラップタイムが全体の中で最速の4分26秒/km。

34km地点までは快調に走ることができていましたが、33.8㎞地点で右膝のランナー膝が再発し、そこからは歩いてゴールを目指すことに。

なので結局、最終的なゴールタイムは3時間41分40秒。グロスタイムは3時間42分56秒。

昨年末の30㎞走の途中で膝の痛みが発生し、そこからリハビリ(トレーニング)をしながら、動作の癖を改善してきましたが、42㎞をある程度のスピードで走りきれるだけのところまでは改善できていなかったということです。

痛みが出るということはある程度予測していましたが、仮に痛みが出なかったとしても、35㎞過ぎで足が動かなくなってしまったのではないかと思います。

そうなった時にサブ3.5が達成できるかできないか、際どいラインで、ある意味ちょっとした賭けにも似た状況であったことは間違いありません。

ちなみに、3ヶ月間の練習距離は・・・

1ヶ月目:142.9㎞
2ヶ月目:151.4㎞
3ヶ月目(フルマラソン参加前まで):89.3㎞

仮に膝に痛みが出なかったとして、35㎞過ぎで足が止まってしまったとした場合、その原因は何か?と考えた場合、もちろん様々な要因はあると思いますが、基本的には当日のレースマネジメントの失敗ということになるでしょう。

3ヶ月目にあまり走れていないとか、月間の総距離は200㎞以上必要だよね・・・ということにはならないと考えます。

前半の貯金があったので、なんとかサブ3.5の希望は捨てていませんでしたが、3時間30分のペーサーが目の前を通過していく姿を見て、再起不能に・・・。

それでも、4時間だったら歩いてでも確実に切れる!ということが分かったので、そこからは周りのランナーの人間観察をしながら、楽しくゴールを目指すことに。

それでも、最後はやはりキツかった!

後半は2時間1分18秒もかかっているので、典型的な後半失速型タイプのレース。

これはフルマラソンで記録を狙おうとしているランナーの典型的な失敗例です。

30㎞以降に失速してしまう、35㎞以降に失速してしまう。

\ SNSでシェアしよう! /

ランナーズNEXTの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ランナーズNEXTの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浦中宏典

浦中宏典

ランナーズNEXT 編集長

株式会社ストレッチサポート 代表取締役
1983年8月12日 長崎県長崎市生まれ

高校卒業後、大学でスポーツ科学(運動生理学・バイオメカニクス)を学び、トレーナーとしてスポーツの世界で実績を積む。

主な活動実績はJR東日本硬式野球部、サントリーサンゴリアス(ラグビー・トップリーグ)、国際テニストーナメント、世界陸上大阪大会、日本大学フェニックス(アメリカンフットボール)他。2011年、サハラマラソンランナーのトレーナーとしてトレーニングと身体のケアを担当。

2011年4月に会社を設立。
テクノロジーの力でスポーツアクティビティを今より楽しくすることで、「もっとチャレンジしたくなる世の中を創る」
ために事業活動を行っている。

2015年4月に開催されたサハラマラソンにランナー兼トレーナーとして出場・完走。
2017年9月にはアメリカ ユタ州を中心に開催されるGrand to Grand Ultra(7日間6ステージ273㎞のレース)に参加し完走を果たす。

鍼灸・あん摩マッサージ指圧師の国家資格者でもあるが、現在はランニングウォッチやランニング用パワーメーター(Stryd)などのデバイスを活用しながら、効率的にマラソンやランニングの目標を達成するためのサポートをしている。

自分自身もマラソンやトレイルランニングの実践者として、常に挑戦を続けている。

<メディア掲載実績>
テレビ NHKまちかど情報室
雑誌 Tarzan(マガジンハウス)
雑誌 トレイルラン2017夏号(山と渓谷社)
新聞 長崎新聞
ラジオ 中央FM
専門誌 月刊トレーニング・ジャーナル 他多数

この人が書いた記事  記事一覧

  • 「ランニングテスト」でパフォーマンスレベルが明らかに!果たしてその結果は?

  • 目標とするレースに向けてのスタートは現状把握をすることから〜ASICS Sports Complex RUNNING TEST〜

  • 4ヶ月間の低酸素トレーニングで、身体とランニングパフォーマンスはどう変わるのか?【Ultra Trail Mt. Fuji (UTMF)までのストーリー】

  • 【充実の2日間】100マイル完走攻略トレーニングキャンプ参加レポート

関連記事

  • フルマラソンでサブ3.5達成のためのランニングシューズの選び方!自分に合ったものを選択するための思考術とは?

  • 3ヶ月のトレーニングでフルマラソンサブ3.5を達成する6つの超具体的プロセス

  • サハラマラソン出場のための最終関門!メディカルチェック・テクニカルチェックの実際

  • 仮装ランナー必見!東京マラソンを10倍楽しむコース攻略法

  • 実際どうなの?世界一過酷と言われるサハラマラソンに参戦してきた結果・・・

  • 3ヶ月でフルマラソン・サブ3.5を達成するための練習計画の立て方