1. TOP
  2. マラソンレポート
  3. つくばマラソンが打ち出したテーマ〜科学的なマラソンレースとは?

つくばマラソンが打ち出したテーマ〜科学的なマラソンレースとは?

マラソンレポート
この記事は約 5 分で読めます。

去る2015年11月22日(日)、第35回つくばマラソンが開催されました。

当日はフルマラソン(42.195㎞)の部に約15,000人のランナーが、10㎞の部に約3,500人のランナーが参加。

つくば市のイメージから、マラソンを科学する」という大会テーマを設定し、
「スタートを科学する」、「景観を科学する」、「交通規制を科学する」の3つの「科学」的な視点から検証活動を実施。

※つくば市は筑波大学や筑波研究学園都市などに代表されるような「科学」と密接に関係している都市。

「科学」というキーワードは、我々にとって非常に重要ですが、実際にランナーにとって「具体的にどんな影響があるのか?」を計測できなければ意味がありません。

今回のつくばマラソンでは「科学」が実際にランナーにとってプラスの要素になったのか?はたまたどんな効果があったのかを実際にランナーとして参加された方へのインタビューを通じて、そして筆者自身が取材を通じて体験したものをご紹介していきたいと思います。

スタートを科学する

s_IMG_2999

今回のつくばマラソンでメイントピックになったのが「スタートを科学する」という部分を体現した「ウェーブスタート」の導入。

参加者1万人以上、陸連公認コースでの大会においては、日本初の試みだとのこと。

ウェーブスタートとは、参加者を何組かに分け、時間をずらしながら出走させるスタート方式。
ボストンマラソンやニューヨーク・シティ・マラソンなどはこの方法を実施しており、日本国内においても、ハーフマラソンやファンランで実施している大会があります。ウェーブスタートを実施する理由は、スタート時、及びコース上の混雑を緩和するためです。
※つくばマラソンHPより。

例えば、東京マラソンなどの大きなマラソンレースでも、エントリー時に申請をした自己記録の速いランナーから順番に整列をし、スターターの号砲と同時にスタートします。

3万人規模の東京マラソンでは、最終ランナーがスタートラインを越えるまでに30分以上かかってしまうケースがあり、つくばマラソンをきっかけとしてウェーブスタートが規模の大きなマラソンレースでも機能するようになれば、日本のマラソンレース自体が進化していくことでしょう。

第35回のつくばマラソンでは、合計3回の号砲でスタートするウェーブスタートが実施されました。

第1ウェーブ:約2,900名のランナーが9:00にスタート。
第2ウェーブ:約5,500名のランナーが9:10にスタート。
第3ウェーブ:残り約6,600名のランナーが9:20分にスタート。

各ウェーブのスタートにかかった時間を測定し、適正なスタート間隔を検証するとともに、
5kmごとの通過人数を測定して、混雑緩和の効果についても検証。
結果的に、
国内大会初※1のウェーブスタート導入により混雑緩和に成功
グロスタイム※2とネットタイム※3の差は前回大会比3分以上の縮小
92.1%のランナーが「ウェーブスタートに満足」と回答
※1 参加者1万人以上、陸連公認コースでの大会において(つくばマラソン事務局調べ)
※2 スタートの号砲が鳴ってからフィニッシュするまでのタイム
※3 スタートラインに到達したときからフィニッシュするまでのタイム
tsukuba

ウェーブスタートを導入したことにより、「とても満足している」と回答した方が58.8%、「満足している」と回答した方が33.3%、合計すると92.1%の方がウェーブスタートに満足しているという結果になりました。

また、アンケートでは「ウェーブスタート導入により、タイムが遅いのに前からスタートしようとする割り込みを減らすことができた」、「スタート地点は道幅が狭いため混雑緩和や転倒などの事故防止につながった」、「これまでは10km 過ぎまで走路の混雑が続いていたが、今回は5km 地点で混雑を感じなくなった」などのコメントもありました。

筑波大学体育系教授であり本大会の実行委員、かつ自身も当日はランナーとして参加した鍋倉賢治氏によると、「トイレ渋滞の緩和、スタートロスタイムの短縮、コース幅に対する走行するランナーの量など、全てにおいて今までと比べ遥かに改善されたと思います。 一度に大量のランナーが通過するため給水補充が間に合わない、といった課題もありましたが、今回、そのような状況は少なかったようです。」と解説されています。

景観を科学する

s_IMG_3122

距離表示や給水所看板など、コース上の表示物を色彩学の観点から考えた配色にすることにより
ランナーにとって見やすい景観を作ります。大会終了後に実施するランナーアンケートで皆さんの意見を集約し
その効果を検証。
識別性を高めるため、配布物を連想させる配色にした給水所の表示物について、その効果を実感したランナーが5割以上に。
※つくばマラソン事務局調べ

給水所の表示物を、視認性・識別性を高めるため、配布物(水、バナナなど)を連想させる色を採用し、わかりやすかったかどうか聞いたところ、「とてもそう思った」と回答した方が14.1%、「そう思った」と回答した方が37.2%、合計で51.3%の方が「わかりやすかった」と感じている結果となりました。

アンケートでは「給水所でのみかんやきゅうりの色分けが見やすくて良かった」などのコメントをいただいています。

交通規制を科学する

コースの大幅変更に伴い、交通規制計画を変更。大会当日、主要交差点などにおいて交通量調査を実施し、
渋滞状況を把握、来年の体系に向けて、市民やドライバーのストレスをできるだけ軽減する交通規制計画を考える。

アンケート調査の実施概要

■調査対象 : 第35回つくばマラソン参加ランナー
■実施期間 : 2015年11月24日(火)~12月13日(日)
■調査方法 : インターネット調査
■有効回答数 : 1,013件

 

\ SNSでシェアしよう! /

ランナーズNEXTの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ランナーズNEXTの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浦中宏典

浦中宏典

ビジネスアスリート
データサイエンティスト

株式会社ストレッチサポート 代表取締役
1983年8月12日 長崎県長崎市生まれ

高校卒業後、大学でスポーツ科学(運動生理学・バイオメカニクス)を学び、トレーナーとしてスポーツの世界で実績を積む。

主な活動実績はJR東日本硬式野球部、サントリーサンゴリアス(ラグビー・トップリーグ)、国際テニストーナメント、世界陸上大阪大会、日本大学フェニックス(アメリカンフットボール)他。2011年、サハラマラソンランナーのトレーナーとしてトレーニングと身体のケアを担当。

2011年4月に会社を設立。
テクノロジーの力でスポーツアクティビティを今より楽しくすることで、「もっとチャレンジしたくなる世の中を創る」
ために事業活動を行っている。

2015年4月に開催されたサハラマラソンにランナー兼トレーナーとして出場・完走。
2017年9月にはアメリカ ユタ州を中心に開催されるGrand to Grand Ultra(7日間6ステージ273㎞のレース)に参加し完走を果たす。

自分自身も実践者として、常に挑戦を続けている。

<メディア掲載実績>
テレビ NHKまちかど情報室
雑誌 Tarzan(マガジンハウス)
雑誌 トレイルラン2017夏号(山と渓谷社)
新聞 長崎新聞
ラジオ 中央FM
専門誌 月刊トレーニング・ジャーナル 他多数

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【トレイルランニング用スポーツサングラス】選び方をプロのアドバイスをもとに実証してきた!

  • ランナーが心拍数だけで運動強度を判断するのは限界がある!という話

  • Zwift+Strydの合せ技でランニングマシンでも飽きずに効率よくトレーニングできる?

  • Garmin(ガーミン)の時計・ランニングウォッチのオススメは?選び方を解説してみた

関連記事

  • 東京マラソンで必ず抑えておきたい観光名所まとめ

  • 館山若潮マラソンのレース結果とサブ3.5達成の行方

  • 201X年あなたがサハラマラソンを走るための必須ガイド!

  • 橘湾岸スーパーマラニックL部門173㎞を攻略するために!

  • サハラマラソン・オーバーナイトステージ練習会【熱海〜東京】レポート

  • 第30回サハラマラソン第一ステージ(36.5 km)レースレポート