つくばマラソンが打ち出したテーマ〜科学的なマラソンレースとは?

去る2015年11月22日(日)、第35回つくばマラソンが開催されました。

当日はフルマラソン(42.195㎞)の部に約15,000人のランナーが、10㎞の部に約3,500人のランナーが参加。

つくば市のイメージから、マラソンを科学する」という大会テーマを設定し、
「スタートを科学する」、「景観を科学する」、「交通規制を科学する」の3つの「科学」的な視点から検証活動を実施。

※つくば市は筑波大学や筑波研究学園都市などに代表されるような「科学」と密接に関係している都市。

「科学」というキーワードは、我々にとって非常に重要ですが、実際にランナーにとって「具体的にどんな影響があるのか?」を計測できなければ意味がありません。

今回のつくばマラソンでは「科学」が実際にランナーにとってプラスの要素になったのか?はたまたどんな効果があったのかを実際にランナーとして参加された方へのインタビューを通じて、そして筆者自身が取材を通じて体験したものをご紹介していきたいと思います。

スタートを科学する

s_IMG_2999

今回のつくばマラソンでメイントピックになったのが「スタートを科学する」という部分を体現した「ウェーブスタート」の導入。

参加者1万人以上、陸連公認コースでの大会においては、日本初の試みだとのこと。

最初のコメントをしよう

必須

*