マラソンのトレーニング論より先に考えたい目標達成のための原理原則3つの視点

「マラソンで速くなるためにはどんなトレーニングが必要なのか?」

あなたがランナーであるならば、一度は抱く疑問なのではないでしょうか?マラソンのトレーニング論は研究的知見から得られたものや、先人たちから伝わる経験が凝縮されたトレーニングノウハウもあるでしょう。

本やインターネットで探しても、様々なトレーニング法があることが分かります。

中には、「頑張って走っていればそのうち速くなる!」という方もいるかもしれません。

確かに、今まであまり運動をしてこなかった人であれば、運動習慣が身につくだけで、ある程度の体力がつき速く走れるようになります。ですが、マラソンで何らかの目標達成をしようとすると、ただ「頑張って走る」だけでは限界があります。

設定した目標に対して最短・最速で成果を出すためには、実際のトレーニング論を考える前に、3つの視点を持つことが大切になってきます。

では、マラソンで目標を達成するためにはどんな視点を持つ必要があるのか?一緒に考えていきましょう。

現実的な目標設定 VS 非現実的な目標設定?

s_goalsetting

何らかの目標設定をしようとすると、1つの疑問が湧いてきます。「この目標は現実的に考えて、達成可能な目標なのか否か?」という疑問です。

フルマラソンで自己ベスト3時間58分のあるランナーがレースでサブ3を達成する!という目標を設定したとします。

この目標設定は果たして現実的といえるかどうか?あなたならどう考えますか?

色んな意見があるかと思います。

ですが、実は設定した目標自体がが現実的かどうかは重要ではありません。

大事なのは目標達成までのプロセスを具体的に立てることができるかどうか?です。

自己ベスト3時間58分のランナーがフルマラソンでサブ3を達成するまでの具体的なプロセスを立てることができれば、理論上は目標達成が可能ですし、具体的なプロセスが描けないのであれば、目標達成は難しいと言えるでしょう。

中には、設定した目標に対して「やるぞ!」という気合だけで何とかしようとする人がいます。気合を入れることも時には大事ですが、もっと大事なのは、具体的な行動プランに落とし込んだ上で、どうやってプランを実行していくか?ということです。

では、プランをどう作るか・・・?というテーマに入る前にもう少し目標設定の方法を深掘りしていく必要がありそうです。

なぜなら、目標設定が具体的でない限り、具体的な行動プランが作成できないからです。

目標を設定する上で大切な要素は、

①期限が設定されていること

②計測できる結果や成果が含まれていること

が必須条件です。前述の「自己ベスト3時間58分のランナーがフルマラソンでサブ3を達成する」だと期限がありません。計測できる結果や成果に関してはサブ3という表記があるので、問題ありません。

では、サブ3を達成するまでに要する期間は3ヶ月が適切なのか?6ヶ月が適切なのか?

多くの方が悩むポイントかもしれません。

繰り返しになりますが、3ヶ月でサブ3達成の具体的プロセスが描けるのであれば、3ヶ月で設定すればいいですし、6ヶ月でサブ3達成の具体的プロセスが描けるのであれば、それでも構いません。

では、どうやって具体的なプロセスを描くのか?

ここで大事なのは、まず現状と目標までのギャップを把握することです。つまり、「目標を達成するための課題は何なのか?」ということ。

自己ベスト3時間58分のランナーが6ヶ月間でフルマラソン・サブ3を達成するという目標だったとしたら、58分以上の差を埋めなければならないわけです。

できていないこと、知らないこと、分からないこと、足りないことを洗いざらい出していきます。

課題をすべて出すことができれば、1つ1つに対して解決策を出していく。もちろん、解決策に「正解」はありませんが、何らかの解決策を出すことができれば、あとは実際に策(アクションプラン)を実行していくだけです。

目標と現在地との距離を常にチェックしておく

s_Compass1

ただし、課題を洗い出し、アクションプランができれば目標は達成できるのか?というと、決してそうではありません。

アクションプランを実行していく中で、順調に目標に近づくこともあるでしょうし、目標と現在地の距離が思った以上に開いていて、プランを修正する必要だって考えられます。

ですから、アクションプランは作って実行するだけではなく、適宜修正していく必要があります。

ビジネスでもそうですが、目標設定から目標を達成するまでのプロセスの中で手腕が試されるのが「修正力」です。