1. TOP
  2. Grand to Grand Ultra
  3. アメリカ初!7日間273㎞の道 Grand to Grandとは?

アメリカ初!7日間273㎞の道 Grand to Grandとは?

 2016/11/30 Grand to Grand Ultra エクストリームマラソン
この記事は約 6 分で読めます。 1,105 Views

日本でも認知度を増してきたステージレース。2017年で32回目の開催となるサハラマラソン(Marathon Des Sables)を筆頭に、世界には様々なレースが存在します。

サハラマラソンの他にも、4Desertsの中で有名なアタカマ、ゴビ、サハラ(前述のサハラマラソンとは別です)、アイスランドで開催されているFire & Ice Ultraなど、様々なステージレースが存在します。

※ステージレースとは、数日に渡って開催され、レース中に必要な食料や衣類など生活に必要なもの全てを背負って走る競技を指します。基本的にどのステージレースも7日間6ステージ、走行距離が250㎞程度となっています。

2015年4月にサハラマラソン(Marathon Des Sables)に参加したことをきっかけに、ステージレースの魅力にハマってしまった私は、次なる旅を目指すことになりました。

今回は2017年にアメリカアリゾナ州北部、ユタ州南部で開催されるステージレースGrand to Grand(通称:G2G)。

1人の参加者として、ランニングの探求者としてGrand to Grandに参加するまでを、1つの連載企画としてお届けしていきます。

初回となる今回は、Grand to Grandがどんなレースなのか?エントリーから参加するまでにどんなステップがあるのかなど、自分自身で内容を整理するためにも書いていきたいと思います。

今後、G2Gに参加される方の参考になれば幸いです。

日程

2017年のGrand to Grandの日程は9月24日〜30日まで7日間、6ステージで開催されます。

レース中に必要な食料、7日間の生活に必要な寝袋、衣類などの全てを背負い、走ります。

参加者は遅くとも2017年9月21日(木)までにユタ州カナブに到着しておく必要があります。カナブまではラスベガスのマッカラン国際空港からレンタカーで来い!とのこと。大会指定のレンタカー会社を使えば15%オフにしてもらえるそうです。

別の手段としては、大会側が特別に9月18日〜21日の間、1日1本ずつチャーターバスを用意してくれるとのことで、片道の運賃は65ドル。

帰りのバスは10月1日、朝8時発の1本のみ。

ラスベガス〜カナブまでは車で3時間半〜4時間とのこと。今のところ、レンタカーでカナブまで移動する予定にしています。

エントリー方法

s_scenery-111

2017年大会の場合、エントリーは2016年8月25日の17時(イギリス時間)から開始されます。エントリーフォームに必要事項を入力し、大会事務局からの返答を待ちます。

と言うのも、このレースは誰でも参加できるというわけではなく、各国で参加できる人数が決まっています。日本からは10名の参加までしか認められていません。つまり、11人目のエントリーとなった場合、キャンセル待ちとなってしまいます。

全世界からの参加者を最大でも170名に制限しており、サハラマラソンに参加した時の1,300名と比べると、非常に少人数での開催となります。

因みに、2016年の日本人参加者は3名。

エントリーフォームに必要事項を記入することに加えて、デポジットとしてUS$1,000の入金が必要です。エントリーから2週間以内の入金となります。クレジット決済も可能ですが、その場合は+3.5%、つまり1ドル100円で計算したとしても、約3,500円余計に支払う必要がります。もちろん、海外送金の場合も手数料が発生します。手数料は銀行によって様々ですが、今回はクレジットで決済しました。

全体のエントリーフィーはUS$3,300です。残りの2,300ドルは2017年5月17日までに支払わなければなりません。その際は、銀行もしくは郵便局で海外送金をしたいと思います。クレジットでも決済できますが、決済手数料が大きくなりますので。期日に間に合わなかった場合は、200ドルの罰金となるそうです。

2017年5月17日まではキャンセル可能です。その場合、支払った額から500ドルが引かれて返金されるそうです。500ドルは事務手数料とのこと。

参加資格は特にありませんが、レース当日に21歳以上となっていることが唯一の参加条件です。21歳以上であれば、誰でも参加できます。

エントリーフィーに含まれるもの

Path

エントリーフィーは7日間のレースに加えて、下記が含まれます。

宿泊に関して

9月22日(金)カナブでのホテル泊。23日(土)〜29日(金)までのキャンプ。
※テントは10人一組。ということで、海外の選手とも雑魚寝することになります。恐らく、アジア人同士でしょう。

30日(土)カナブでのホテル泊。

食事に関して

9月22日(金)カナブでのウェルカムディナー。23日(土)の朝食、昼食、夕食。

レース中の水分。
※レース中の食料は自分で用意。

30日(土)ゴール後の昼食、カナブでの夕食。

コース

G2Gは7日間6ステージ273㎞の行程で行われます。他のステージレースが基本的に250㎞なので、少し長い距離です。

G2Gの最大の特徴は、他のステージレースが基本的に「砂漠」なのに対し、砂丘やトレイル岩場など、様々な自然環境の中を走れるという点です。

もう1つ、特徴があるとすればスタート地点の標高が1,629mと高く、アップダウンを繰り返しながら、最終的に標高2,651mのゴール地点を目指します。

s_Course profile

各ステージの走行距離は、

ステージ1・・・49.6㎞
ステージ2・・・43.3㎞
ステージ3・・・84.7㎞
ステージ4・・・41.9㎞
ステージ5・・・41.9㎞
ステージ6・・・12.3㎞

当然ですが、レース中盤のロングステージが肝。サハラ(MDS)は後半にロングステージがあったため、終わった後に気が楽になりましたが、G2Gはロングステージが終わってもフルマラソン相当が2本残っているので、気が抜けませんね。

補足情報

2018年のUTMB(Ultra-Trail du Mont-Blanc®)出場に必要なポイントが付与される予定です(現在申請中)。2016年のG2Gでは、2017年のUTMB出場に必要なポイントが最大6ポイント付与されます。

まとめ

今回は2017年9月に参加するGrand to Grand Ultraに関して、日程、エントリーに関すること、エントリーフィーに含まれるもの、コースについてまとめてみました。

今後は前回参加したサハラマラソン(MDS)との違いや、練習、その他の準備などについても、定期的に発信していく予定です。

応援よろしくお願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

ランナーズNEXTの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ランナーズNEXTの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浦中宏典

浦中宏典

ランナーズNEXT 編集長

株式会社ストレッチサポート 代表取締役
1983年8月12日 長崎県長崎市生まれ

高校卒業後、大学でスポーツ科学(運動生理学・バイオメカニクス)を学び、トレーナーとしてスポーツの世界で実績を積む。

主な活動実績はJR東日本硬式野球部、サントリーサンゴリアス(ラグビー・トップリーグ)、国際テニストーナメント、世界陸上大阪大会、日本大学フェニックス(アメリカンフットボール)他。2011年、サハラマラソンランナーのトレーナーとしてトレーニングと身体のケアを担当。

2011年4月に会社を設立。
テクノロジーの力でスポーツアクティビティを今より楽しくすることで、「もっとチャレンジしたくなる世の中を創る」
ために事業活動を行っている。

2015年4月に開催されたサハラマラソンにランナー兼トレーナーとして出場・完走。
2017年9月にはアメリカ ユタ州を中心に開催されるGrand to Grand Ultra(7日間6ステージ273㎞のレース)に参加し完走を果たす。

自分自身も実践者として、常に挑戦を続けている。

<メディア掲載実績>
テレビ NHKまちかど情報室
雑誌 Tarzan(マガジンハウス)
雑誌 トレイルラン2017夏号(山と渓谷社)
新聞 長崎新聞
ラジオ 中央FM
専門誌 月刊トレーニング・ジャーナル 他多数

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【GRAND TRAIL 】7日間6ステージ273kmに及ぶ「旅」の魅力!

  • なぜマラソンで30km以降に失速してしまうのか?レースで成功するために越えるべき5つの壁

  • スント 9(SUUNTO 9)ランニングウォッチ・GPSウォッチレビュー

  • 【Run With Power】パワートレーニング入門セミナー・イベントレポート

関連記事

  • サハラマラソン・オーバーナイトステージ練習会【熱海〜東京】レポート

  • 事前準備が明暗を分ける!サハラマラソン出場・完走のために必要な3つのポイント

  • 【GRAND TRAIL 】7日間6ステージ273kmに及ぶ「旅」の魅力!

  • 第2回サハラマラソン・オーバーナイトステージ練習会【関東版】HAKONEYUMOTO ONSEN DES SABLES

  • アメリカ Grand to Grand Ultra 参戦までの一部始終

  • サハラマラソンとは人間にとって最も大事なことを探求する「旅」である!創始者パトリックバウアーが日本人ランナーに伝えたかったこと。