サハラマラソン・オーバーナイトステージ練習会【熱海〜東京】レポート

去る2016年2月5日(金)〜6日(土)、第31回サハラマラソンに向けたオーバーナイトステージ練習会が開催されました。

関西では昨年からサハラマラソン・オーバーナイトステージ練習会 in 有馬温泉が開催されています。

関東では、初開催ということもあり、昨年のサハラマラソンに出た経験も踏まえて、実際のラン体験をしてきました。

2016年1月29日にオープンしたばかりのカオサン熱海温泉旅館&ホステルを2月5日の18:00にスタートし、東京・経堂にあるパクチーハウスまでの約89㎞を走破(踏破)します。

制限時間や決められたコースがあるわけではありませんが(もちろん、目安となるチェックポイントは設置)本番さながらの睡魔と全身の痛みに耐えながら(それでも楽しい!)ゴールを目指します。

サハラマラソン・オーバーナイトステージとは?

そもそも、サハラマラソンとは毎年3月末〜4月上旬に開催されるステージレースで、アフリカのモロッコで開催されます。7日間、6ステージで250㎞もの距離を走破(踏破)します。最大の特徴は7日間のステージレース中に必要な食料、水、その他生活に必要な装備・持ち物は全て背負って移動しなければならないということです。
※水は各チェックポイント毎に支給されます。

30回大会を例にすると、6ステージの内訳は、1日目36.2㎞、2日目31.1㎞、3日目36.7㎞、4日目91.7㎞、5日目42.2㎞、6日目11.5㎞という流れで開催され、この中の4日目がオーバーナイトステージ。レース中唯一、夜間も走り(歩き)続けなければならないステージです。

例年、4ステージ目にオーバーナイトステージが設定されているようです。

しかも4日目に90㎞以上のステージがあるということで、多くのランナーの最難関ポイントとして立ちはだかります。3日間で100㎞以上を踏破している中での90㎞は、特に初参加のランナーにとって恐怖です。

初参加のランナーを応援するために

なので、できるだけ本番のレースに近いシチュエーションを作りながら、初参加のランナーにとって有意義な時間を作り、皆で共有しよう!というのが今回の練習会の趣旨だと個人的には思っています。

もちろん、経験者も「またあの時の(疑似)体験をしたい!」という思いは絶対にあるはず。サハラマラソンはある意味、それくらいのインパクトを持った大会です。

練習会当日は、30回大会の完走者で、サハラマラソン・オーバーナイトステージ練習会【関東版】の主催者でもある佐谷氏を筆頭に、31回大会に出場する4名(内1名は4度目の参加!!)のランナー、32回大会出場予定のランナー1名、経験者は計4名、トータル8名で行われました。

IMG_1623
※スタート前のブリーフィングの様子。

スタート前のブリーフィングでは、参加者の自己紹介やチェックポイントの確認などが行われました。

IMG_1622
※熱海ではカオサン熱海温泉旅館&ホステルでしか手にはいらない「世界の宝富士山地ビール」を頂きながら。

サハラマラソンメンバーは苛酷さよりも「楽しさ」が第一優先!ということで!

IMG_1624
※練習会参加メンバーと!この後、真鶴駅、小田原駅でそれぞれ1名ずつが合流。

IMG_1627
※小田原駅近くの某飲食店にて。全員が集合!

小田原チェックポイントでは最初のエネルギー補給タイム!鍋が全く温まらないというハプニングがあったせいで、約1時間半のタイムロス。

その代わり、ガッツリエネルギーとたんぱく質、ガソリンまで注入できました。

※練習会では自給自足ではなく、補給は基本的に道中の各コンビニを活用します。

最初のコメントをしよう

必須

*