1. TOP
  2. ウルトラマラソン
  3. 一人でウルトラマラソンを完走するために越えなければならない3つの壁!

一人でウルトラマラソンを完走するために越えなければならない3つの壁!

ウルトラマラソン
この記事は約 6 分で読めます。 25,216 Views

フルマラソンを何度も完走したことのあるランナーであれば、一度は考えたことのある「ウルトラマラソンの挑戦」!

中にはフルマラソンやハーフマラソンでの記録向上にこだわる人、トレイルランやトライアスロンに挑戦する人もいるでしょう。

ですが、サロマ湖ウルトラマラソンや四万十川ウルトラマラソンでは募集開始後直ぐに定員に達したり、募集定員を遥かに超える数のランナーがエントリーしていたりと、ウルトラマラソンも今や人気のカテゴリーとなりつつあります。

ウルトラマラソンを完走するための練習方法はどうするのか?シューズは?必須アイテムは?などの疑問はあるでしょう。確かに練習内容やシューズやアイテムの選び方などは重要です。

ですが、フルマラソンまでのレースと違い「精神的な不安」があったり、早朝のスタートに対応するために宿泊が必須になったりと、ウルトラマラソン特有の準備が必要です。

そこで今回は、これからウルトラマラソンに挑戦しよう!というランナーが一人でウルトラマラソンを完走するために越えなければならない3つの壁!ということで、お届けしていきます。

距離走を実施する時間の確保

s_Real-time-marketing

ウルトラマラソンで記録を狙うといよりも、とにかく完走を目指すランナーであれば、練習にある程度の時間をかける必要が出てきます。もちろん、毎回の練習に時間が掛かるというわけではなく、本番で100㎞を走るためには50㎞以上の距離走を数回行っておく必要があるからです。

仮に50㎞を6分/㎞で走ったとしても、5時間かかります。60㎞走ろうとすると6時間です。

フルマラソンを完走するためには、長くても30㎞走れれば充分だと言われていますし、一般ランナーで40㎞走をやる人は稀です。

※もちろん、目的によって色んな練習方法は存在するかと思いますが。

基本的には、多くの人が仕事をしながら、休みの日を使って長い距離を走ることになります。50㎞、60㎞走るとなると、慣れている人は別ですが一日の内でいくつもの予定を他に立てられません。

5,6時間走るとなると、途中でエネルギー補給や水分補給が必要不可欠です。トイレに行く回数も何度かあるかもしれません。

多くのランナーが途中のコンビニで食料を調達しながら走っていることかと思います。そうなると、プラスαの時間も必要になってきます。

※実際のレースでは、食料を背負った状態で走らなくても、エイドステーションに糖質を補給できる食料は沢山あります。

そういった、ある程度の時間と体力を確保することができるかどうかがウルトラマラソン完走への1つ目の壁です。

長時間走り続けるメンタリティ

IMG_0309

ある程度の距離を一人で走るとなると、体力的な辛さだけでなく、精神的な辛さが伴います。人によっては走り出すまでが何とも辛い・・・というケースもあるでしょう。

本当に走るのが好きな人は別ですが、5、6時間も一人で走るのは気が引ける・・・という方もいらっしゃるかもしれません。

もちろん、100㎞のウルトラマラソンの場合、多くの人が本番のレースを一人で10時間以上走らなければなりません。

なので、ある程度は一人で走り続けるメンタリティは必要です。

だからと言って、普段から一人で走らなければならないというわけでもないのです。

一緒に走ってくれる仲間がいればいくらか気が紛れるかもしれませんし、時間が過ぎるのも早く感じます。

とは言え、毎回毎回仲間と走るのも難しいでしょうし、1人で長時間走る練習も必要です。

ベースは一人で頑張りつつも、時に仲間の力を借りながら、情報収集も兼ねて走ることが大事になってきます。

以上のことから、普段の練習でも、特に長い距離を走る際のメンタリティが2つ目の大きな壁として存在します。

\ SNSでシェアしよう! /

ランナーズNEXTの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ランナーズNEXTの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浦中宏典

浦中宏典

ランナーズNEXT 編集長

株式会社ストレッチサポート 代表取締役
1983年8月12日 長崎県長崎市生まれ

高校卒業後、大学でスポーツ科学(運動生理学・バイオメカニクス)を学び、トレーナーとしてスポーツの世界で実績を積む。

主な活動実績はJR東日本硬式野球部、サントリーサンゴリアス(ラグビー・トップリーグ)、国際テニストーナメント、世界陸上大阪大会、日本大学フェニックス(アメリカンフットボール)他。2011年、サハラマラソンランナーのトレーナーとしてトレーニングと身体のケアを担当。

2011年4月に会社を設立。
テクノロジーの力でスポーツアクティビティを今より楽しくすることで、「もっとチャレンジしたくなる世の中を創る」
ために事業活動を行っている。

2015年4月に開催されたサハラマラソンにランナー兼トレーナーとして出場・完走。
2017年9月にはアメリカ ユタ州を中心に開催されるGrand to Grand Ultra(7日間6ステージ273㎞のレース)に参加し完走を果たす。

鍼灸・あん摩マッサージ指圧師の国家資格者でもあるが、現在はランニングウォッチやランニング用パワーメーター(Stryd)などのデバイスを活用しながら、効率的にマラソンやランニングの目標を達成するためのサポートをしている。

自分自身もマラソンやトレイルランニングの実践者として、常に挑戦を続けている。

<メディア掲載実績>
テレビ NHKまちかど情報室
雑誌 Tarzan(マガジンハウス)
雑誌 トレイルラン2017夏号(山と渓谷社)
新聞 長崎新聞
ラジオ 中央FM
専門誌 月刊トレーニング・ジャーナル 他多数

この人が書いた記事  記事一覧

  • SUUNTO7は一歩先を行くアウトドアウォッチ&スマートウォッチ

  • Apple Watchはランニングやマラソンでも「使える」のか?

  • SUUNTO(スント)3はフィットネスウォッチとして新たな市場を作る!

  • スントらしさの詰まったSUUNTO(スント )5レビュー

関連記事

  • ウルトラマラソン完走のために準備しておきたい5つのこと

  • ウルトラマラソン用のランニングシューズを選ぶ際に考えたい4つのポイント

  • ウルトラマラソンのトレーニングでやってしまう4つの間違いとは?

  • ウルトラマラソンレースで持参したい!必須ランニンググッズ・ベスト5!

  • ウルトラマラソンにも対応可能!おすすめランニングウォッチ・ベスト3!

  • ウルトラマラソンレースで役立つウエストポーチはこれがオススメ!