【特別号】ランナーにおすすめの治療院・トレーニング施設!第1回ATR半蔵門(東京)

日頃からランニングに取り組んでいると、多かれ少なかれ身体に痛みや違和感を感じることがあります。特に「なかなか怪我が治りません・・・」「治ったと思って走り始めると、また痛みが出てしまって・・・」というランナーの方も多くいらっしゃいます。

「病院に行こうと思っても、どこにいけば良いのか分からない・・・」という方や、

ドクターに「骨に異常はないから、しばらく休んで下さい・・・」と言われ、やるせない気持ちを抱えてしまっているランナーもいるのではないでしょうか?

そこで、ランナーズNEXTでは怪我や身体の痛み・違和感を抱えるランナーの皆さんにオススメできる全国の病院や治療院などを厳選して、お届けしていきます。

今回は第1回目の特別号として、ランナーの聖地、皇居に程近いATR半蔵門さんをご紹介します。

インタビューにお答えいただくのは、同施設のメディカルディレクターである藤原和朗さん、コンディショニングディレクターの角勝義さんです。

藤原さんは主に鍼灸マッサージを活用した治療業務を、角さんは主にトレーニング業務を担当されています。

ATR半蔵門とはどんな施設なのか?どんなサービスでランナーをサポートしているのか?などを伺ってきました。

ATR半蔵門とは?

61b19f1f-acd6-4175-b506-ef8259bedb96
ATR半蔵門には各競技のアスリートも多数訪れている。

ATR半蔵門は(有)トライ・ワークスが運営する施設で、「トップアスリートへのサポートで積み上げたノウハウを社会に還元し、身体のケア、怪我の予防、パフォーマンスアップの手伝いを担っていく」ことを目指し、2012年にオープンしました。

※トライ・ワークスはアメリカの認定アスレティックトレーナー資格(業界での略はATCCertified Athletic Trainer)を保有したスタッフが「アスレティックトレーニングの啓蒙」を目的に立ち上げた会社。

※アスレティックトレーナーとはスポーツの現場で選手が怪我をしたときの応急処置や怪我の評価、復帰までの手順を考えたり、怪我を予防のために働く専門家。スポーツの現場だけでなく、様々な医療機関やトレーニング施設などで仕事をしている方もいます。

ART半蔵門は大きく3つのセクションに分かれており、対象を分かりやすく説明すると

・身体のどこかに痛みがあって生活に支障をきたしてしまう方

・日常生活は問題ないけれど、スポーツをすると痛みや問題が出てしまう方

・スポーツのパフォーマンスを上げたい方

3つのステージにそれぞれ対応することができます。

現在、治療部門は運動習慣のある人とない人が半々くらいで利用していて、トレーニング部門は既に運動習慣のある人が問題を解決するため、記録の向上やパフォーマンスアップのために利用している、とのことです。

ランナーだけではく、様々な競技のアスリートも同施設を利用しています。

痛みや怪我を抱えたランナーに対する対処法

c4cb22d0-d003-445b-913f-76549aa01b91
※トレーニングやリハビリなどができるコンディショニングスペース

病院での診察だけでは、保険診療上どうしても患部(痛いところ)だけしか見ることができませんし、スポーツクラブは基本的に怪我や病気などがない人が行く場所です。

なので、身体の使い方が悪くて怪我をしてしまっている方、パフォーマンスが落ちている方の対応がどうしてもできません。

ATR半蔵門では、分かりやすく言うと、病院とスポーツクラブの中間的な立場で運営をされています。

一般的にはまだまだ馴染みのない施設ですが、治療やトレーニングを同じ施設で一貫してできるところも今では増えています。

治療やトレーニングまでの流れ

22e8db7c-d633-4119-84c7-b767e9572403
ATR半蔵門内にある治療スペース

まずは電話かメールで相談をしていただき、その中でおおよその流れが決まってきます。

基本的にはお客さんのご希望によって、コースが決まりますが、ヒアリングの段階で、例えばトレーニングを希望しているけれど、まだトレーニングができるレベルにまで達していない場合は治療をご提案することもあります。