1. TOP
  2. イベントレポート
  3. RaidLight Presents 来年は出たい!世界のULTRA RACE! 【イベントレポート】

RaidLight Presents 来年は出たい!世界のULTRA RACE! 【イベントレポート】

イベントレポート
この記事は約 7 分で読めます。 1,407 Views

2018年12月7日(金)にRaidLight Presents 来年は出たい!世界のULTRA RACE!というイベントに参加してきました。

会場は東京・神保町にある、さかいやスポーツシューズ館にて開催。

今回はイベントの様子やレースの情報を中心にレポートしてみたいと思います。

RaidLight Presentsということで、トレイルランニングの専門ブランドRaidLight(レイドライト)の創業者で、トレイルランナーでもあるベヌワ・ラバル氏がフランスより来日。

チーム・レイドライトの飯野航選手とのトークセッション形式で進んでいきました。

※尚、当日のイベントに関する写真はTeam RaidLightの代田渉選手から提供していただきました。

スピーカー紹介

・ベヌワ・ラバル氏

これまで世界100カ国のレースに出場。

日本ではハセツネ、OMM(Original Mountain Marathon)、神流マウンテンラン&ウォーク、そして今回、このイベントの2日後に開催されるITJ(Izu Trail Journey)にも参加。

1999年からレイドライトブランドをスタートさせています。

もともとはマラソンからキャリアをスタートし、その後トレイルの世界へ。

世界中のレースに参加し、体験したことがレイドライトのプロダクトに反映されています。

・飯野航選手

主に世界を主戦場とするウルトラトレイル ランナー。

昨年アメリカ・デスバレーで開催されたバッドウォーターで優勝したことは記憶に新しく、サハラマラソン(MDS)9位、サハラレース優勝などなど、「極地」にめっぽう強いランナーです。

国内のウルトラマラソンレースでも何度も優勝しています。

NHKのグレートレースで、もはやお馴染みのランナーです。

今回は、お二人が参加をしてきたレースの印象も踏まえて、ご紹介できればと思っています。

UTMB ウルトラトレイル・デュ・モンブラン

まずは、言わずと知れたトレイルランニングの世界最高峰のレース、UTMB。

日本からも毎年多くのランナーが参加しています。

2018年、このレポートを書いている時点では、100マイル(169km)のレースの他に、CCC, TDS, OCCといった距離の短いレースと約308kmのPTL、計5つのカテゴリーがあります。

フランスでも非常に有名な大会で、毎年約7000人が参加。

ベヌワ氏曰わく、「レースとしても観光としても楽しい大会」。

特にフランス人はコースを熟知しているし、地元の理があると。時差が無いのでコンディションは整えやすい。とのことでした。

Grand Raid Reunion グラン レイド レユニオン

次は毎年10月にレユニオン島で開催されている、グラン レイド レユニオン。

30年の歴史のあるトレイルレースで、レイドライトがスポンサードしている大会でもあります。

2014年設立のウルトラトレイル ワールドツアーにも当初からジョインしていましたが、2018年には脱退を表明。

それでも、世界各国から7,000人ものランナーが集まる人気のレースです。

日本人にも人気のレースで、今後も参加者が増えるのではないでしょうか?

\ SNSでシェアしよう! /

ランナーズNEXTの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ランナーズNEXTの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浦中宏典

浦中宏典

ランナーズNEXT 編集長

株式会社ストレッチサポート 代表取締役
1983年8月12日 長崎県長崎市生まれ

高校卒業後、大学でスポーツ科学(運動生理学・バイオメカニクス)を学び、トレーナーとしてスポーツの世界で実績を積む。

主な活動実績はJR東日本硬式野球部、サントリーサンゴリアス(ラグビー・トップリーグ)、国際テニストーナメント、世界陸上大阪大会、日本大学フェニックス(アメリカンフットボール)他。2011年、サハラマラソンランナーのトレーナーとしてトレーニングと身体のケアを担当。

2011年4月に会社を設立。
テクノロジーの力でスポーツアクティビティを今より楽しくすることで、「もっとチャレンジしたくなる世の中を創る」
ために事業活動を行っている。

2015年4月に開催されたサハラマラソンにランナー兼トレーナーとして出場・完走。
2017年9月にはアメリカ ユタ州を中心に開催されるGrand to Grand Ultra(7日間6ステージ273㎞のレース)に参加し完走を果たす。

鍼灸・あん摩マッサージ指圧師の国家資格者でもあるが、現在はランニングウォッチやランニング用パワーメーター(Stryd)などのデバイスを活用しながら、効率的にマラソンやランニングの目標を達成するためのサポートをしている。

自分自身もマラソンやトレイルランニングの実践者として、常に挑戦を続けている。

<メディア掲載実績>
テレビ NHKまちかど情報室
雑誌 Tarzan(マガジンハウス)
雑誌 トレイルラン2017夏号(山と渓谷社)
新聞 長崎新聞
ラジオ 中央FM
専門誌 月刊トレーニング・ジャーナル 他多数

この人が書いた記事  記事一覧

  • 約2ヶ月の低酸素トレーニングと筋トレでランニングテストのパフォーマンスはどう変化したのか?

  • 標高2,000mと3,000mの低酸素トレーニング時に身体反応はどう変化するのか?

  • 【Run with Power】ランニングのパワートレーニングに関する動画解説まとめ

  • 低酸素トレーニングから約1ヶ月で最大酸素摂取量(VO2max)はどう変化したのか?

関連記事

  • 【イベントレポート】トレイルランニング体験ワークショップ

  • 【充実の2日間】100マイル完走攻略トレーニングキャンプ参加レポート

  • 【イベントレポート】ランニングフォーム改善・実践ワークショップ

  • サハラマラソンとは人間にとって最も大事なことを探求する「旅」である!創始者パトリックバウアーが日本人ランナーに伝えたかったこと。

  • 【Run With Power】パワートレーニング入門セミナー・イベントレポート

  • 【イベントレポート】青梅高水山トレイルランニング