1. TOP
  2. イベントレポート
  3. RaidLight Presents 来年は出たい!世界のULTRA RACE! 【イベントレポート】

RaidLight Presents 来年は出たい!世界のULTRA RACE! 【イベントレポート】

 2018/12/14 イベントレポート
この記事は約 7 分で読めます。 611 Views

2018年12月7日(金)にRaidLight Presents 来年は出たい!世界のULTRA RACE!というイベントに参加してきました。

会場は東京・神保町にある、さかいやスポーツシューズ館にて開催。

今回はイベントの様子やレースの情報を中心にレポートしてみたいと思います。

RaidLight Presentsということで、トレイルランニングの専門ブランドRaidLight(レイドライト)の創業者で、トレイルランナーでもあるベヌワ・ラバル氏がフランスより来日。

チーム・レイドライトの飯野航選手とのトークセッション形式で進んでいきました。

※尚、当日のイベントに関する写真はTeam RaidLightの代田渉選手から提供していただきました。

スピーカー紹介

・ベヌワ・ラバル氏

これまで世界100カ国のレースに出場。

日本ではハセツネ、OMM(Original Mountain Marathon)、神流マウンテンラン&ウォーク、そして今回、このイベントの2日後に開催されるITJ(Izu Trail Journey)にも参加。

1999年からレイドライトブランドをスタートさせています。

もともとはマラソンからキャリアをスタートし、その後トレイルの世界へ。

世界中のレースに参加し、体験したことがレイドライトのプロダクトに反映されています。

・飯野航選手

主に世界を主戦場とするウルトラトレイル ランナー。

昨年アメリカ・デスバレーで開催されたバッドウォーターで優勝したことは記憶に新しく、サハラマラソン(MDS)9位、サハラレース優勝などなど、「極地」にめっぽう強いランナーです。

国内のウルトラマラソンレースでも何度も優勝しています。

NHKのグレートレースで、もはやお馴染みのランナーです。

今回は、お二人が参加をしてきたレースの印象も踏まえて、ご紹介できればと思っています。

UTMB ウルトラトレイル・デュ・モンブラン

まずは、言わずと知れたトレイルランニングの世界最高峰のレース、UTMB。

日本からも毎年多くのランナーが参加しています。

2018年、このレポートを書いている時点では、100マイル(169km)のレースの他に、CCC, TDS, OCCといった距離の短いレースと約308kmのPTL、計5つのカテゴリーがあります。

フランスでも非常に有名な大会で、毎年約7000人が参加。

ベヌワ氏曰わく、「レースとしても観光としても楽しい大会」。

特にフランス人はコースを熟知しているし、地元の理があると。時差が無いのでコンディションは整えやすい。とのことでした。

Grand Raid Reunion グラン レイド レユニオン

次は毎年10月にレユニオン島で開催されている、グラン レイド レユニオン。

30年の歴史のあるトレイルレースで、レイドライトがスポンサードしている大会でもあります。

2014年設立のウルトラトレイル ワールドツアーにも当初からジョインしていましたが、2018年には脱退を表明。

それでも、世界各国から7,000人ものランナーが集まる人気のレースです。

日本人にも人気のレースで、今後も参加者が増えるのではないでしょうか?

島の人の7割がトレイルランナーという異様な(?)島のようで、フランスではUTMBよりも人気の高いレースだそうです。

大会をスポンサードした理由は地元のフランス繋がり(レユニオン島はフランス領)。フランスの休暇中に開催しているレースでもあることから、多くの人が集まります。

スタートとフィニッシュ時は大会のシャツを来て走らなければならない、というルールがあります。

ベヌワ氏、飯野選手共に「食事が美味しい」とのことで、一致していました。

エイドでの食事が美味しいこと、レース前後で食べる食事が美味しいのは大事ですよね。

飯野さんはレース中、ヘッドライトの電池が切れて、携帯の灯りで走った「思い出のレース」でもあるそうです。

UTMBと違うのは、グラン レイド レユニオンは蒸し暑い環境でのレースとなっています。

The Barkley Marathons バークレーマラソン

世界100カ国のレースに参戦してきたベヌワ氏をして、「世界で一番過酷なレース」と言わしめるバークレーマラソン。

ベヌワ氏は過去に4回出場しているとのこと。

※後でお話を伺ったところ、ITJの次のレースはバークレーマラソン(5回目)だそうです!

1周約32kmのコースを60時間以内に5周するレースで、バークレーマラソンは毎年40人しか出場することができない、30年の歴史を持つレースです。

毎年40人が参加するわけですが、今までで16人しか完走者がいないそうです。

40人中16人が完走!ではないですからね。単純計算で1,200人中16人の完走者・・・。

バークレー「マラソン」ですが、地図とコンパスを見て走らないといけない大会で、オリエンテーリング力も必要とのこと。

まだ女性の完走者がいないそうなので、主催者は女性の完走者が出ることを期待しているそうです。

参加費は1.6ドル。180円程度で参加できます。参加するだけなら、かなりハードルが低いですね(笑)。

レースのオーガナイザーが吸っているタバコの火が消えたらレースがスタートする、ちょっと変わった仕組みがあります。

一方、レイドライトの本社がある、フランスはシャルトリュージュ地方でも、フランス版のバークレーマラソンとして、昨年からレースを開催しています。

バークレーマラソンと同じようなシステムで、レイドライトの本社の周りを使ってレースを開催。

80時間で30kmの周回を5周。こちらも40人の参加者で開催されています。

2年開催していて、まだ誰も完走していないそうです。

参加費3ユーロ。こちらも、参加するだけであればハードルは非常に低いと言えるでしょう。

【番外編】Algarviana Ultra Trail アルガヴィアナ ウルトラトレイル

このイベントが開催された前の週にポルトガルで開催されたウルトラトレイルレースに飯野さんが参戦してきたということで、紹介がありました。

アルガヴィアナ ウルトラトレイルは300kmの距離を一気通貫で走破する、ウルトラトレイルレース。4人一組の駅伝もあるそうです。

飯野選手はこのレースで2位。アジア人の参加は一人だけだったそうです。

ホスピタリティは素晴らしいレースだったと振り返っていました。

ただ、前日の山火事でマーキングがなくなっていたり、ルートが非常に分かり辛く、何度もロストしたりということで、苦労をしたそうです。

編集後記

今回のイベントは限られた時間の中でしたので、各レースの概要とフランス人トレイルランナー、日本人トレイルランナーから見たウルトラトレイル レースについて、情報をシェアしていただいたような感じとなりました。

50名弱の参加者に対して、UTMB参加者が数名ということでしたので、多くの参加者がこれから世界のトレイルレースを視野にトレーニングをしていきたい!という方だったのではないでしょうか?

飯野選手に「これから海外のトレイルレースに参加するランナーに対して、何かアドバイスをいただけますか?」と伺ったところ、レースはもちろん前後にも何らかのトラブルを経験する可能性があるので、それも含めて楽しんだ方が良い!とのことでした。

もちろん、海外のレースは日本のレースよりも凄い!というわけではなく、日本では味わうことのできない、異なる(トレイル)文化、レースの雰囲気、ホスピタリティに触れることで、ランナーとしての深みが増すことは間違いありません。

日本のレースの素晴らしさを再確認することもできるでしょう。

ぜひ来年は、海外のレースにもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

\ SNSでシェアしよう! /

ランナーズNEXTの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ランナーズNEXTの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浦中宏典

浦中宏典

ランナーズNEXT 編集長

株式会社ストレッチサポート 代表取締役
1983年8月12日 長崎県長崎市生まれ

高校卒業後、大学でスポーツ科学(運動生理学・バイオメカニクス)を学び、トレーナーとしてスポーツの世界で実績を積む。

主な活動実績はJR東日本硬式野球部、サントリーサンゴリアス(ラグビー・トップリーグ)、国際テニストーナメント、世界陸上大阪大会、日本大学フェニックス(アメリカンフットボール)他。2011年、サハラマラソンランナーのトレーナーとしてトレーニングと身体のケアを担当。

2011年4月に会社を設立。
テクノロジーの力でスポーツアクティビティを今より楽しくすることで、「もっとチャレンジしたくなる世の中を創る」
ために事業活動を行っている。

2015年4月に開催されたサハラマラソンにランナー兼トレーナーとして出場・完走。
2017年9月にはアメリカ ユタ州を中心に開催されるGrand to Grand Ultra(7日間6ステージ273㎞のレース)に参加し完走を果たす。

鍼灸・あん摩マッサージ指圧師の国家資格者でもあるが、現在はランニングウォッチやランニング用パワーメーター(Stryd)などのデバイスを活用しながら、効率的にマラソンやランニングの目標を達成するためのサポートをしている。

自分自身もマラソンやトレイルランニングの実践者として、常に挑戦を続けている。

<メディア掲載実績>
テレビ NHKまちかど情報室
雑誌 Tarzan(マガジンハウス)
雑誌 トレイルラン2017夏号(山と渓谷社)
新聞 長崎新聞
ラジオ 中央FM
専門誌 月刊トレーニング・ジャーナル 他多数

この人が書いた記事  記事一覧

  • ランニングフォームを正しく評価するにはどうすればいいのか?

  • ランナーに必要なGPSウォッチを再考する!

  • Polar(ポラール) Vantage Mの機能や特徴をまとめてみた

  • Zwift Runで「ランニング」をアップデートする!

関連記事

  • 【イベントレポート】トレイルランニング体験ワークショップ

  • 【Run With Power】パワートレーニング入門セミナー・イベントレポート

  • サハラマラソンとは人間にとって最も大事なことを探求する「旅」である!創始者パトリックバウアーが日本人ランナーに伝えたかったこと。

  • 【イベントレポート】青梅高水山トレイルランニング