足の爪が黒くなる前に考えたいランニングシューズの選び方

「わー!」

先日、トレイルランニングのレースに参加したときのことです。

走り終えてシューズの泥を洗い流すために水道に並んでいたら、近くで女性の驚いた声が聞こえたので、思わずそちらへ振り向きました。

僕と同じく泥だらけになったランニングシューズとソックスも脱いで、裸足になっていた女性の足を見ると、痛々しいことに、全ての足の爪が赤紫色に変色してしまっていたのです。

この女性のように、長い距離やアップダウンの多いコースを走ると、足の爪の内側が内出血してしまうランナーは多いです。僕もレース中に爪先に痛みを感じて、レース後に見てみると、足の爪の内側で内出血をしていた経験があります。

足の爪の内出血の原因には、爪先がシューズの内側にあたってしまうことや、足の指に力が入り過ぎて、爪を圧迫してしまうことがあります。今回は、これらの原因について、対策をお伝えしたいと思います。

ランニングシューズのサイズ選びについて

myths2

爪先がランニングシューズの内側にあたってしまう方の場合は、シューズ選びの際に、小さいサイズを選んでしまっている可能性があります。

シューズの試着段階で爪先が内側にあたっていることはないと思います。ですが、足はランニング中、着地の度に土踏まずのアーチ構造を変化させる(潰す)ことによって、衝撃を分散しています。

一般的には着地の際にアーチが潰れることを考慮して、ランニングシューズのサイズを選びます。その際、実際の足のサイズより“0.5cmから1.5cm”の余裕が必要とされています。

僕も以前は、実際の足のサイズが25.5cmなのに対して、2627cmのシューズを履いていました。このサイズの場合、普段のジョギングのように、フラットなコースで10キロ程度走るのであれば何の問題もありませんでした。

しかしながら、フルマラソンやアップダウンの激しいコースを走ると、徐々に爪先に痛みを感じるのでした。

「足がシューズの形にあっていないんじゃないか…」

そんな風に思いながら、いつもレース前には、爪先が痛くなることを心配していました。

ところが最近、ある有名スポーツブランドの専門店でシューズを購入しようとした際に、店員さんから、「27.5cmでも大丈夫だと思います」と言われました。これまで履いたことのない大きさに戸惑いもありましたが、試着して店内を軽くですが走らせてもらったところ、履き心地が良かったので購入してみたのです。

軽さとクッション性を兼ね備えたそのシューズは、これまで爪先が痛くなっていたアップダウンのあるジョギングコースを走っても、何の問題も起きません。

「大きすぎるシューズって良くないんじゃなかったのか?」

日本では、ランニング用品店の店員さんやランニング関連の書籍、または、インターネットの情報などでも、表現は様々ではありますが、前述のように実際の足のサイズより+0.5cmから1.5cmと言う目安が多いです。

そこで今回は、海外のメディアではどうなのかを調査してみました。

調査の結果、Runner’s worldのような有名メディアや書籍などでは、爪先からシューズの先端までに“親指の幅分”の余裕が必要とされていることが分かりました。

“親指の幅分”と言うと、日本人の成人男性であれば、平均で2cm程度です。

足の爪の内出血でお悩みの方は、次にシューズを購入する際、この“親指の幅分”の余裕を覚えておきましょう。

スクリーンショット 2017-09-11 15.25.28