ランニングで内臓脂肪を「燃える脂肪」に変えろ!そのメカニズムとは?

脂肪と聞くと、白くてプルプルしていて、「ダイエットの敵」というイメージを持つ方が多いのではないでしょうか。実際にお腹や腰回りに溜まる内臓脂肪はこのようなイメージで、白くてプルプルとした組織です。

実は脂肪は大きく分けて2種類存在しています。1つはお腹や腰回りに溜まりやすい白色脂肪組織という脂肪で、もう1つは褐色脂肪組織と呼ばれるものです。

褐色脂肪組織は多くの人が持っている脂肪とのイメージとは大きく異なります。褐色脂肪組織の大きな特徴として、エネルギーを熱へと変える、ということが挙げられます。

ダイエットをする際にはエネルギー消費を増やしたり、エネルギー摂取を抑えたりと、エネルギーに着目することが多いです。褐色脂肪組織はエネルギーを消費して熱を作ってくれるので、ダイエットでは有効に働きます。

今回はそんな褐色脂肪組織について、ランニングとダイエットと関連づけて説明していきます。

エネルギーを消費する脂肪 褐色脂肪組織

冒頭でもお話しましたが、脂肪には白色脂肪組織と褐色脂肪組織の2種類があり、褐色脂肪組織はエネルギーを消費し、熱を作り出すことが大きな特徴です。

また、褐色脂肪組織には、白色脂肪組織にはほとんどない、生体のエネルギー工場と言われるミトコンドリアが多く存在しています。

褐色脂肪組織は生まれた子供では多く存在しているのですが、大人になるにつれて量が減少していきます。生まれたばかりの子供は筋肉が少なく体を動かして熱を作り、寒さに耐えることができないので、褐色脂肪組織が多く存在しているのです。

それでは褐色脂肪組織は一体どのようにしてエネルギーを消費しているのでしょうか。

そのメカニズムを説明するのに重要なタンパク質として、脱共役タンパク質(Uncoupling protein 1 : UCP1)というタンパク質が挙げられます。

UCP1はミトコンドリアの中で、いくつかの工程を経て、熱を生成しています。

糖質や脂質が分解されると水素イオンが生じるわけですが、この水素イオンはさらにエネルギーを生み出すことができるのです。

UCP1はこの水素イオンを利用して熱を作り出します。

つまり、UCP1はエネルギーを直接熱へと変換することでより多くのエネルギーを消費している(エネルギー消費を高めている)のです。

ランニングで褐色脂肪組織が増える!?

褐色脂肪組織はUCP1というタンパク質により熱を作り出し、無駄にATPを合成せずにエネルギーを消費してくれます。なのでダイエットをする際、褐色脂肪組織が多く、UCP1が活性化されていると痩せやすいということになります。