スペインでランニングの大会に参加する魅力を紹介!

日本人にとって、最も人気のある海外旅行の目的地の1つであるスペイン。

実はこの国では、数多くのランニングの大会が開催されています。そのため、スペインに来た日本人観光客が何らかのマラソン大会に偶然遭遇する機会というのも、案外多かったりします。

この記事では、スペインでマラソンやトレイルランなど、ランニングのイベントに参加する魅力をいくつか挙げたいと思います。

魅力1.一年中、スペインのどこかで大会が開催されている


スペインの国土は、日本の約3倍の広さがあります。そのため、例えば冬場には、北部は寒い上に雪に覆われていたとしても、スペインの南部は寒くも暑くもなく、ランニングには適した気候であることが多いです。

また、夏は南部は非常に気温が上がりますが、北部はかなり涼しく、場所によっては寒いくらいのところもあったりします。

つまり、スペインでは年間を通してランニングの大会が開催されているのです。開催場所さええらべば、スペインにいつ来ても、ランイングの大会に参加することができます。

ちなみに、年末年始でも、スペインではランニングの大会が開催されています。特に毎年末には数多くの街で、「サン・シルベストレ(San Silvestre)」の名前を冠したロードレースを見ることができます。

特に有名なのは、毎年大みそかにマドリードで開催される「サン・シルベストレ・バリェカス (San Silvestre Vallecas)」というもので、毎年4万人近いランナーが参加します。

この大会は、地元TV局が毎年生中継します。マドリード以外にも、バルセロナ・バレンシア・ビルバオ・マラガ等々、スペインの有名な大都市では、必ず年末に、「サン・シルベストレ(San Silvestre)」のレースが開催されています。

「サン・シルベストレ(San Silvestre)」とは、もともとはキリスト教の聖人の名前です。

しかし、1923年ブラジル人新聞記者のカスペル・リベロ(Cásper Líbero)が、大みそかの夜のパリで、参加者たちが松明を手に持って走るランニングのレースを目撃します。その話を聞いたブラジルの新聞社のガゼッタ・エスポルティーバ(Gazeta Esportiva)が、翌年の大みそかに、サンパウロでランニングのレースを開催することになりました。

彼らはそれのイベントを「サン・シルベストレ(San Silvestre)」と名付け、このことがきっかけとなり、それ以来、毎年12月31日やその近辺に開催されるランイングイベントを「サン・シルベストレ(San Silvestre)」と呼ぶようになったのです[1]。 

スペインのランナーたちにとって大みそかの恒例行事とは、紅白歌合戦を見ることではなく(当然ですが)、ロードレースを走ることなのです。

魅力2.ロードレース、クロスカントリーなどレースの種類が豊富

※スペインのとあるスポーツ店にあるトレイルラン用のシューズコーナー。最近はスペインでもトレイルランに挑戦する人が増えているそうです。

スペインでは、ランニングイベントの種類が豊富です。気軽に走ることができる5㎞・10㎞のロードレースから、100㎞を超えるロードレースまでありますし、クロスカントリーやトレイルランの大会も頻繁に開催されています。