1. TOP
  2. Grand to Grand Ultra
  3. 【GRAND TRAIL 】7日間6ステージ273kmに及ぶ「旅」の魅力!

【GRAND TRAIL 】7日間6ステージ273kmに及ぶ「旅」の魅力!

Grand to Grand Ultra
この記事は約 11 分で読めます。 2,081 Views

トレイルランニングは、今まさに「ステージレース」化の時代を迎えています。

日本でも、年々トレイルレースへの参加者は増えていますが、ステージレースというジャンルは、まだこれからのカテゴリーです。

ステージレースの代名詞と言えば、30年以上の歴史を持つ「サハラマラソン」。

サハラマラソンは、1週間の長期にわたる、砂漠でのレース。1日ごとに距離設定(ステージ)が用意され、各ステージの合計タイムで、総合順位が決められます。

世界中から毎年1000名以上が参加し、メディアでも度々紹介されてきたので、ステージレース=砂漠、という印象は、今ではすっかり定着しているようです。

しかし近年、砂漠に限らず、さまざまな地形を走るステージレースが、世界各国で生まれています。

なかでも注目なのが、今年で7年目を迎える、北アメリカ大陸でのステージレース。このレースは、北米で最初のステージレースとして知られています。

それが、アメリカのユタ州とアリゾナ州で開催される「Grand to Grand ULTRA(G2G)」。

レースは6ステージ273㎞。G2Gは、数々のステージレースに参加してきたTessと、その夫である投資銀行出身のCollinがレースディレクターを務めます。2017年は世界中から、22歳から76歳までの119人がエントリー(内、日本人参加者は4人)し、完走率は77%でした。

姉妹レースに、ハワイ島で開催されているステージレースMauna to Mauna(M2M)があります。

関連記事:アメリカ初!7日間273㎞の道 Grand to Grandとは?

※G2GのTrailer Video.レース全体のイメージ映像をどうぞ!


G2Gは、グランドキャニオンやスロットキャニオン、ピンク・クリフといった、旅好きなら一度は訪れてみたい場所を1週間、ひたすら走るステージレースです。

私は、サハラマラソンを走って以来、ステージレースの世界に魅了され、第6回となるG2Gの2017年大会に参加してきました。

まだ日本では馴染の薄いG2Gですが、このレースの魅力を改めて紹介したいと思います。

レース参加から既に1年が経とうとしていますが・・・。

Grand to Grandのスタート

※Stage1 スタートの時の様子。スタートはついつい頑張りすぎてしまいます・・・。

2017年9月24日、午前8時。

G2Gは、グランドキャニオンのノース・リムの大絶景を背にスタートします。

ゴールは、7日後。ブライスキャニオン国定公園のピンク・クリフ。その距離は273㎞です。

7日間にわたるG2Gも、1日ごとのステージの距離が、それぞれ決められています(表を参照)。

 

距離

高低差

特徴

Stage1

49.6km

+504m

-414m

グランドキャニオンの絶景を望み、初日からハイスピードとなるステージ。

Stage2

43.3km

+718m

-928m

中盤までテクニカルなセクションが連続するため、心肺機能と脚力の消耗が激しい。

Stage3

85.4km

+1698m

-1304m

G2G最長のステージは、コースの75%が砂礫。レース後半には5.4㎞の砂丘が待つ。

Stage4

41.9km

+892m

-970m

ステージ3と同様の砂礫帯ながら、岩のトンネルやロープを使ったクライミング区間も!

Stage5

41.9km

+851m

-596m

前半の目玉は、スロットキャニオン! 岩場のトレイルの終盤には、ダラダラと登る舗装路が待つ。

Stage6

12.3km

+836m

-265m

ゴールのブライスキャニオン国立公園(ピンク・クリフ)まで、秋の山中を一気に駆け上がる。

※高低差は一般的なトレイルと比べると、あまりありませんが、

砂丘やブッシュ帯が多く、思ったほど走れません・・・。

選手たちは、自らの体力を1週間という長いタームで計算しつつ、持てる能力をフル活用してG2Gを闘います。

そのため戦術は、ステージごとの順位争いやタイム差だけに留まりません。早く次のキャンプ地に辿り着き、翌日までのリカバリー時間を稼ぐコトも、極めて重要な闘いです。

もちろんそれは、トップ選手だけでなく、完走目的の選手も同じ。

そう、速さだけではない、サバイバルの能力もステージレースでは問われています。

※毎朝の朝食の様子。サハラマラソンと違って、お湯は自分で沸かさなくてOK!

そんなG2Gの1日の活動は、午前6時に響く音楽で明けます。

辺りはまだ真っ暗で、何より寒い。

一番冷え込んだ朝の気温は、2℃。毎日寝袋から出るのは大変で、途中でトイレに行くのも一苦労。おかげで、7日間夜中にトイレに行くことは一度もありませんでした。

スタート時間の30分前には準備を終え、テントを出るのが決まりなので、目覚めてから1時間半で朝食を済ませ、スタートできる用意が必要となります。

しかしサバイバルは、レース前の朝食から、すでに始まっています。

朝食は、大会側が用意してはくれません。朝食を含め、全ての食事は、自分で背負った分しかないのです。

私が用意した食事は、基本的にアルファ米やカップ麺といった、非常食。

そう、食料計画も、レースの一部です。

ステージレース=サバイバルという表現は、決して誇張ではありません。

魅惑的な(?)ステージレースG2G

※最高のロケーションの中で走る。後方は筆者。前は女子2位のカナダの選手。22歳(当時)、若い!

そんなG2Gですが、全てが砂漠のステージレースとは違い、景色はバリエーションに富んでいます。

果てしなく伸びるこの道は、どこまで続くのか……。次のチェックポイントやゴールのキャンプ地が見えているのに、たどり着けない……。

砂漠のステージレースでは、心まで折れるような景色の単調さに悩まされますが、G2Gでは、程度の差ではありますがが、比較的に少ないのが特徴です。

ただし、「こんなところ通るの?」というルートが、(その分)G2Gでは待ち構えています。

\ SNSでシェアしよう! /

ランナーズNEXTの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ランナーズNEXTの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浦中宏典

浦中宏典

ランナーズNEXT 編集長

株式会社ストレッチサポート 代表取締役
1983年8月12日 長崎県長崎市生まれ

高校卒業後、大学でスポーツ科学(運動生理学・バイオメカニクス)を学び、トレーナーとしてスポーツの世界で実績を積む。

主な活動実績はJR東日本硬式野球部、サントリーサンゴリアス(ラグビー・トップリーグ)、国際テニストーナメント、世界陸上大阪大会、日本大学フェニックス(アメリカンフットボール)他。2011年、サハラマラソンランナーのトレーナーとしてトレーニングと身体のケアを担当。

2011年4月に会社を設立。
テクノロジーの力でスポーツアクティビティを今より楽しくすることで、「もっとチャレンジしたくなる世の中を創る」
ために事業活動を行っている。

2015年4月に開催されたサハラマラソンにランナー兼トレーナーとして出場・完走。
2017年9月にはアメリカ ユタ州を中心に開催されるGrand to Grand Ultra(7日間6ステージ273㎞のレース)に参加し完走を果たす。

鍼灸・あん摩マッサージ指圧師の国家資格者でもあるが、現在はランニングウォッチやランニング用パワーメーター(Stryd)などのデバイスを活用しながら、効率的にマラソンやランニングの目標を達成するためのサポートをしている。

自分自身もマラソンやトレイルランニングの実践者として、常に挑戦を続けている。

<メディア掲載実績>
テレビ NHKまちかど情報室
雑誌 Tarzan(マガジンハウス)
雑誌 トレイルラン2017夏号(山と渓谷社)
新聞 長崎新聞
ラジオ 中央FM
専門誌 月刊トレーニング・ジャーナル 他多数

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【自宅で筋トレ】ランナーのための家でもできるオススメトレーニング5選

  • GARMINで心拍トレーニングの精度を上げる方法

  • トレーニング以外でランニングパフォーマンスを上げるためにできること〜最大酸素摂取量(VO2max)編〜

  • 約2ヶ月の低酸素トレーニングと筋トレでランニングテストのパフォーマンスはどう変化したのか?

関連記事

  • Grand to Grandで活躍したランニングギア・アイテム5選

  • アメリカ Grand to Grand Ultra 参戦までの一部始終

  • アメリカ初!7日間273㎞の道 Grand to Grandとは?

  • 【Grand to Grand Ultra】カナブ到着からレース前日までを総まとめ