女性ランナー必見!ランニングで気をつけるべき爪のケガと対処法!

また、買いに行く時間も出来るだけ夕方~夜の時間帯にします。というのも、ご存じのとおり人の足はむくみの関係で朝と夜とでは足の大きさも違うからです。

また、店員さんにもサイズ感やフィット感を見てもらうのもお勧めです。いろいろ話を聞いてくれると思うので、あなたに合ったシューズを選んでくれます。

そして、次に大事なのは靴の履き方。私はそれまで、たまにしか靴ひもを結び直さず、そのままの状態からスポン!と履いているだけでした。ですが爪下血腫になってからは毎回靴ひもを縛りなおして靴を履くようにしています。ランニングシューズを丁寧に履くことが爪下血腫を防ぐだけでなく、足や膝のケガの予防にもつながります。

ポイントをまとめると、

1 シューズを履いた後に、踵を床に垂直に下ろして、しっかりトントンして足を踵の部分にしっかりと合わせる

2 踵側にしっかり合わせた状態をキープしながら、そのままストンと足全体を床につける

3 そのポジションで靴ひもをしばっていきます。この時たるみやねじれが出ないように気をつけて下さい。めんどくさがらず、ちゃんと下から調整して締め直すのがポイント

そうすることでシューズの中で足がズレにくくなります。

そして一番上はきつくすぎると足首が固定されすぎて走りにくくなりますし、ゆるすぎたらぐらぐらでこれまた走りにくいので、ほどよくキュッと結びます。

上から見てみて余分なスペースが足首周りに出来てなければOK

まとめ

シューズの選び方や履き方一つである程度防止出来る、爪下血腫。なってしまったら元の状態に戻るまで1年以上かかってしまうので、正直しんどいです!

たかが履き方、されど履き方!

相性の良いシューズ選びは長くランニングライフを続けるためにも、とても重要です。

あなたのシューズは大丈夫ですか?一度確認しておいてくださいね。