風・気温・湿度の影響を考慮できるランニング用パワーメーターStryd Version3(V3)レビュー

これまでランニングパワーに関する情報、ランニング用パワーメーターStrydに関する情報をアップデートしてきました。

2019年5月に風・空気抵抗を考慮し、気温や湿度センサーを搭載した新しいStryd(Stryd V3)がリリースされるという情報を極秘で(?)入手してから4ヶ月・・・ようやく入手し、計測することができましたので、レビューをしていきたいと思います。

参考記事:Strydがデバイスアップデート!風・気温・湿度を考慮したランニングデータが取得可能に!

Stryd V3 vs V2:ハードウェアの違いとパッケージングの違い

まずはハードウェア(見た目)の違いとパッケージングの違いから。

Stryd(V3)はStryd(V2)と比較をすると、若干だけコンパクトになりました。ですが、フットポッドの見た目はほとんど変わりません。

大きな違いはフットポッドの背面とクリップ部分。

※Stryd V2とV3の違い(表側)

※Stryd V2とV3の違い(裏側)

クリップの変更に伴って、デバイスとクリップの着脱は以前よりも簡単になりました。

次にパッケージングの違いです。

※Stryd V3のケースは充電テーブルが小さくなった分、コンパクトに。

Stryd V2時代の充電テーブルは1度変更があり、写真の充電テーブルは初期のモデル。変更後はV3に近いものになっています。

ハードウェアの違いについては動画でも解説してみしたので、合わせてご覧ください。

 

Stryd V3 vs V2:ソフトウェア(取得できるデータ)の違い

Strydに付随するソフトウェア”Power Center”(Garminデバイスに付随するGarmin Connectのようなもの)上では、上記のようなデータが表示されます。

Stryd V2とV3によるPower Centerの違いは、風や空気抵抗を考慮したAir Powerが表示されるか否か。

デフォルトではAir Powerは表示されていませんが、自由にどの計測項目をグラフ上に表示させるか選択することができます。

SHOW AIR POWER CONTRIBUTIONをクリックすると、灰色でAir Powerが表示されます。

少し分かりづらいので、ある部分を拡大してみてみましょう。

最初の3kmをピックアップしてみました。