1. TOP
  2. マラソンとトレーニング
  3. ランニングフォームの「質」を高めるための3つのポイント

ランニングフォームの「質」を高めるための3つのポイント

さらに今回は実際の「ランニングフォーム」を撮影し、アドバイスをしていく予定です。

※ランニングフォームに関するアドバイスは後日、映像で個別にフィードバックします。

※ランニングフォーム・フィードバックのイメージ。

ランニングフォーム上確認できる癖や弱点が分かるだけで、どんなトレーニングを重点的に実施していけば良いのか?が明確になるでしょう。

客観的に自身のランニングフォームを確認する機会も少ないと思いますし、フォームの癖や弱点のアドバイスが受けられる機会も少ないはずです。

また、1人だと普段はなかなかランニング以外のエクササイズに取り組むきっかけが無い方も多いと思いますので、この機会に実践してみて下さい。 

ワークショップ参加者の声

s_DSC_3161

これまで東京、仙台でワークショップを開催してきました。ご参加いただいた方の感想(一部)を掲載しておきます。

・体幹トレーニングなどのDVDをこれまで見たことがありますが、今日はこれまでのものをしのぐ内容で、ためになりました。特に自宅で普段何をすべきなのか、具体的な指針になって良かったです。また、それぞれのエクササイズを行う意味も分かって良かった。

 

・とても理論的であり、身体の使い方をもう一度再確認することができました。明日から少しずつエクササイズを継続させて、次回の大会では楽しく走れるように頑張ります。参加されている方々も、とても熱心だったので、良いエネルギー・パワーをいただきました。
 

・スクワットの重要性は理解しており、日々の補強に取り入れていますが、走りの動作に応じたバリエーションを意識して行う点は共感できました。はじめ上手く呼吸をすることができなかったので、教わった呼吸のトレーニングを加えていきたいです。

 

・基本の姿勢と自分の癖を知って、修正していくポイントが分かりました。トレーニング中、動きを意識しながら、どう脱力できるかが難しいポイントですが、継続してやってみたいと思います。

 

・個人ではなかなか分からない、ランニングに必要なトレーニングが理解できたような気がします。また、自分の弱点も見つけることができました。

 

・運動の動作(エクササイズ)が何に繋がるのかがよくわかりました。走ることとリンクさせるのは難しいので、今日は参加して良かったです。支持筋と動作筋の見方も分かりやすかったです。

 

・楽しかったです。雑誌やネットで様々なトレーニングが紹介されていますが、ランニング動作のどこに関係するのかが分かるとモチベーションが上がると思いました。自分のランニングフォームを見て、どのトレーニングが必要なのかが分かると、もっと良いなと思いました。

 

・普段のトレーニングに取り入れやすい動きだったので、今日だけでなく続けることができそうです。真面目に頑張ろうと思えました。ありがとうございました。

 

・ランニングエコノミー向上のため、補助的な運動が足りていないことが理解できました。フォームから入るのではなく、弱いところなどを理解し、きちんと動くようになることで良いフォームができあがるというイメージが湧いてきました。

次回のワークショップは11月17日(土)に初めて福岡で開催することが決まりました。ワークショップ終了後は博多駅近郊で懇親会を開催したいと思いますので、ぜひご参加下さい。

□■ワークショップ詳細□■

・ワークショップ名

フォーム改善エクササイズ・ワークショップ【理論編・実践編】

日時:2018年11月17日(土) 13:30~16:30(13時15分開場)

場所:福岡県福岡市博多区綱場町(詳細はお申し込み後にご案内します)

定員:10名

参加費:4,500円(税込)

ナビゲーター:浦中 宏典(株式会社ストレッチサポート 代表 兼 ランナーズNEXT編集長)

・ワークショップ内容

ランニングフォームの改善のための考え方を学び、自身のフォームを映像を使って確認します。

その後、事例を踏まえてランニングフォームの改善のためのエクササイズを実施します。

・対象

・自身のランニングフォームや身体の癖・弱点を知りたい方。

・フォーム改善のための基礎的なエクササイズを体験し、習得したい方。

・ランニングフォーム改善のために何が必要なのかを理解した上で、エクササイズを実施していきたい方。

・普段、なかなかフォーム改善のためのエクササイズが実施できていない方。

・福岡でランニング仲間を作りたい方。

※ワークショップ終了後に(17:30〜)博多駅近郊で懇親会を開催します。合わせてご参加下さい。

お申込みは下記よりお申し込み下さい。

>>フォーム改善エクササイズ・ワークショップに参加する

■懇親会について

下記にて17:30~懇親会を開催します。

博多丸秀 本店

福岡県 福岡市博多区 博多駅東 2-4-16 福泉第1ビル 1F

JR 博多駅 筑紫口 徒歩7分

博多駅から325m

\ SNSでシェアしよう! /

ランナーズNEXTの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ランナーズNEXTの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浦中宏典

浦中宏典

ランナーズNEXT 編集長

株式会社ストレッチサポート 代表取締役
1983年8月12日 長崎県長崎市生まれ

高校卒業後、大学でスポーツ科学(運動生理学・バイオメカニクス)を学び、トレーナーとしてスポーツの世界で実績を積む。

主な活動実績はJR東日本硬式野球部、サントリーサンゴリアス(ラグビー・トップリーグ)、国際テニストーナメント、世界陸上大阪大会、日本大学フェニックス(アメリカンフットボール)他。2011年、サハラマラソンランナーのトレーナーとしてトレーニングと身体のケアを担当。

2011年4月に会社を設立。
テクノロジーの力でスポーツアクティビティを今より楽しくすることで、「もっとチャレンジしたくなる世の中を創る」
ために事業活動を行っている。

2015年4月に開催されたサハラマラソンにランナー兼トレーナーとして出場・完走。
2017年9月にはアメリカ ユタ州を中心に開催されるGrand to Grand Ultra(7日間6ステージ273㎞のレース)に参加し完走を果たす。

鍼灸・あん摩マッサージ指圧師の国家資格者でもあるが、現在はランニングウォッチやランニング用パワーメーター(Stryd)などのデバイスを活用しながら、効率的にマラソンやランニングの目標を達成するためのサポートをしている。

自分自身もマラソンやトレイルランニングの実践者として、常に挑戦を続けている。

<メディア掲載実績>
テレビ NHKまちかど情報室
雑誌 Tarzan(マガジンハウス)
雑誌 トレイルラン2017夏号(山と渓谷社)
新聞 長崎新聞
ラジオ 中央FM
専門誌 月刊トレーニング・ジャーナル 他多数

この人が書いた記事  記事一覧

  • 約2ヶ月の低酸素トレーニングと筋トレでランニングテストのパフォーマンスはどう変化したのか?

  • 標高2,000mと3,000mの低酸素トレーニング時に身体反応はどう変化するのか?

  • 【Run with Power】ランニングのパワートレーニングに関する動画解説まとめ

  • 低酸素トレーニングから約1ヶ月で最大酸素摂取量(VO2max)はどう変化したのか?

関連記事

  • ランナーが腹筋運動を絶対にやってはならない2つの理由!

  • マラソンに必要な筋トレ(筋力トレーニング)5選【下半身編】

  • マラソンのトレーニングで絶対に外してはならない必須エクササイズはこれだ!

  • ランニングフォームを正しく評価するにはどうすればいいのか?

  • マラソンに必要な練習・トレーニング方法【最新版】

  • 【心拍トレーニングの限界】心拍に影響を与える7つの要因