サハラマラソンとは人間にとって最も大事なことを探求する「旅」である!創始者パトリックバウアーが日本人ランナーに伝えたかったこと。

35kg以上の荷物を背負って、12日間で灼熱のサハラ砂漠を350kmを走破した男・・・と聞くと、誰もが耳を疑うのではないでしょうか?

今年で33回目を迎えるサハラマラソン(Marathon Des Sables:MDS)の創設者であり、レースディレクターのパトリックバウアー氏が今から30年い網も前に、弟と二人で成し遂げた「偉業」です。

そのパトリックが来日し、去る1月14日(日)にトークライブ&パーティーが開催されました。

サハラマラソンは1986年に23人の参加者でスタートし、それから回を重ねること32回。今では50カ国以上の国と地域から1,300人以上のランナーが集まるレースとなりました。

サハラマラソンの他にも「砂漠レース」「ステージレース」はありますが、サハラマラソンは最も歴史のある大会であり、これほどまでに多くの人を魅了してきた大会はありません。

私自身も過去に一度だけ、サハラマラソンを完走したことのある一人です(2015年、第30回大会)。

当時、パトリックに対する取材で最も印象に残ったのは、サハラマラソンを完走するには「謙虚な心を持つこと」が一番大事なことだという言葉です。

どんな練習をするのか?どんな食料や装備を準備するのか?はもちろん大事です。最も大事なのは砂漠に対して「謙虚な心を持つこと」だと。

トレイルランでは、山に対して謙虚な心を持つことが大事であるのと同じく、サハラマラソンでは砂漠に対する謙虚な気持ちが大事であると。

過去5回サハラマラソンに参加し、今年で6回目の参加をする予定のレナさんは、「レース中は本当に辛いけど、レースが終わった後は良い思い出だけが残る」という言葉がとても印象的でした。

確かに砂漠の中で1週間、走りながら、風呂やシャワー、電気や水道の無い生活、ネット環境の無い生活は決して「快適」ではありません。

走っている間は辛く、サラサラな砂のせいで、なかなか前に進みません。

ですが、非日常生活だからこそ得られるものは大きく、パトリックの言う「サハラマラソンの先に見えるもの」が、ここに集うランナー達には見えているはずです。

サハラマラソンは人間にとって大切なもの、人間が本来持っている大事なことを見つける「旅」なのではないでしょうか。

トークセッション終了後は会場を移し、パトリックを囲んでのパーティーが開催されました。

最初のコメントをしよう

必須

*