HOKA ONE ONEのランニングシューズ徹底比較【トレイルランニングシューズ編】

重さ:269g(27.0cm)226g(24.0cm)

ドロップ:5mm

※ドロップ=つま先と踵部分の高さの差を表します。ドロップが大きい=つま先立ちに近い状態。ドロップが大きくなると、姿勢そのものも変化します。ドロップが無ければ、裸足で立っている時と同じ状態の姿勢を維持できます。

価格:¥18,000(税別)

SPEEDGOAT(スピードゴート) 2

speedgoat2

チャレンジャーややスティンソンがロード、トレイルの両方で使用可能なモデルに対し、スピードゴートはあらゆるトレイルに対応できるシューズとなっています。

足の型にもとづいて作られた型(ラスト(木型))はチャレンジャーと同様です。

大きな違いはアウトソール部分にあります。スピードゴートのアウトソールはVibram®の素材が使われており、耐久性に優れます。更に、5mmの溝で高いグリップ力を発揮します。

他の多くのモデルのデザインがシンプルになっていく中、スピードゴートのデザインは逆を行く(?)デザインとなっていて、個人的にはウィメンズを含めた3色とも気に入っています。

<スペック>

重さ:278g(27.0cm)233g(24.0cm)

ドロップ:4.5mm

価格:¥20,000(税別)

STINSON(スティンソン) ATR 4

stinson4

STINSON ATR 4はHOKA ONE ONEのランニングシューズの中で、最も重く、クション性も高いシューズです。

チャレンジャー同様にATR(ALL TERRAIN)ということで、全路面対応シューズです。スティンソンと前述のチャレンジャー、スピードゴートの2タイプは基となるラスト(木型)が異なり、スティンソンはロング走を重視したワイドラストになっています。

筆者の場合、ステージレースでの使用を考えています。

<スペック>

重さ:336g(27.0cm)

※STINSON ATR 4のサイズは25.0cm〜

ドロップ:5mm

価格:¥21,000(税別)

まとめ

今回はHOKA ONE ONEのトレイルランニングシューズについてまとめましたが、いかがだったでしょうか?

もちろん、個々で既にお気に入りのランニングシューズはあるでしょう。シューズの合う、合わない、デザイン的な趣味嗜好も個々で違います。

ただ、色んなブランドの個性を知り、今より自分に合ったシューズ、もっと履いてみたくなるようなシューズを探すお手伝いができればとは思っています。

個人的に、HOKA ONE ONEのランニングシューズは「走るのが楽しくなるようなシューズ」だと位置付けています。まさにブランドコンセプトにある”Time to Fly”を体現するシューズ。

履き心地、シューズそのものの機能は非常に重要です。ですが、機能的にどうか?を考えることに加えて、履いてみたくなる、走ってみたくなる、そんなワクワクできるようなシューズがこれからの時代に必要なのではないでしょうか?