1. TOP
  2. ランニングノウハウ
  3. ランニングパフォーマンスの改善の第一歩は「現在地」を知ることから始まる。

ランニングパフォーマンスの改善の第一歩は「現在地」を知ることから始まる。

 2016/02/19 ランニングノウハウ
この記事は約 4 分で読めます。

ランニングをする方の中には、

・目標達成のためにどんな練習・トレーニングをすればいいのか?

・どんなランニングフォームを身に付ければ良いのか?

・果たして自分の練習内容・ランニングフォームは正しいのか?

など何らかの疑問を持ちながら、走っている方も多いのではないでしょうか。

ランニングはシンプルで取り組みやすい反面、非常に自由度が高く、我流でも何とか走れてしまうのも事実です。

ですが、実は今よりもっと効率良く走ることができたり、楽に走る方法がある、ことを知らないということも多々あります。

マラソンの練習方法・メニューを作る上で最も大切なことの中でもお伝えした通り、現在地を知り、課題を認識できなければ練習内容やランニングフォームなどを本当の意味で修正することはできません。

全ては「自分を知る」ことから始まります

そこで、今の自分がどんな走りをしているのか?を知るために、最も今の自分を客観的に評価できるツールの1つである、ランニングウオッチ(GPSウォッチ)を活用した、ランニング(フォーム)改善のための体験会を開催することになりました。

今回は実際にGPSウォッチを活用し、今の自分自身の走りを知るための機会です。

体験会ではGPSウォッチ、シェアNo.1のGARMINさんにご協力いただきます。

今回のワークショップで使用するのはGARMIN ForeAthlete 920XTJ 620J。

GARMINのランニングウォッチの中で現状、最上位モデルをご提供いただきます。

ForeAthlete 920 XTJと620Jには他社製品も含め、ランニングウォッチの中で唯一「ランニングダイナミクス機能」が搭載されています。

「ランニングダイナミクス機能」とは、「無駄が無く効率の良いランニングフォームを実現する」ために、ランニング中に身体がどれくらい上下動しているのかを計測でき、さらにランニングシューズが地面に接地している時間も計測が可能になっています。

1分間あたりのピッチと歩数も同様に計測可能です。

ランニング中の上下動、接地時間、1分間あたりのピッチと歩数の全てが計測できるのは、現時点でGARMIN ForeAthlete 920 XTJと620Jのみ

ランニング中の上下動、接地時間、1分間あたりのピッチと歩数が数値化できれば、トレーニングによってどれくらランニングフォームが改善したのか?を可視化できるというわけです。

GPSウォッチを実際に活用しながら自分のランニングフォームやパフォーマンスの現在地を知り、課題を発見することが大きなテーマです。

その他、GARMIN(ガーミン)ForeAthlete 920XTJと620Jに関する詳細は、GARMIN(ガーミン)ForeAthlete 920XTJと620Jが「最強」な理由!を御覧ください。

s_2016.3.20.MIFARUN

<ワークショップ詳細>

ワークショップ名:MIFA RUN ランニングフィットネス〜ランニングウォッチ活用体験会〜

日時:2016年3月20日(日) 9時半〜12時

開催場所:MIFA Football Park
     〒135−0061
     東京都江東区豊洲6-1-23

アクセス:http://mifafootballpark.com/access/

参加費:2,000円 ※ガーミンランニングウォッチレンタル代、ロッカールーム・シャワー利用料込み
※ワークショップ当日はGARMIN ForeAthlete 920XTJ 620Jと心拍計測ベルト(ハートレートセンサーHRM-Run)をレンタル致します。

定員:15名(残り5名)

お申込みはこちらから。

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浦中宏典

浦中宏典

ビジネスアスリート
データサイエンティスト

株式会社ストレッチサポート 代表取締役
1983年8月12日 長崎県長崎市生まれ

高校卒業後、大学でスポーツ科学(運動生理学・バイオメカニクス)を学び、トレーナーとしてスポーツの世界で実績を積む。

主な活動実績はJR東日本硬式野球部、サントリーサンゴリアス(ラグビー・トップリーグ)、国際テニストーナメント、世界陸上大阪大会、日本大学フェニックス(アメリカンフットボール)他。2011年、サハラマラソンランナーのトレーナーとしてトレーニングと身体のケアを担当。

2011年4月に会社を設立。
テクノロジーの力でスポーツアクティビティを今より楽しくすることで、「もっとチャレンジしたくなる世の中を創る」
ために事業活動を行っている。

2015年4月に開催されたサハラマラソンにランナー兼トレーナーとして出場・完走。
2017年9月にはアメリカ ユタ州を中心に開催されるGrand to Grand Ultra(7日間6ステージ273㎞のレース)に参加し完走を果たす。

自分自身も実践者として、常に挑戦を続けている。

<メディア掲載実績>
テレビ NHKまちかど情報室
雑誌 Tarzan(マガジンハウス)
雑誌 トレイルラン2017夏号(山と渓谷社)
新聞 長崎新聞
ラジオ 中央FM
専門誌 月刊トレーニング・ジャーナル 他多数

この人が書いた記事  記事一覧

  • ランナーが心拍数だけで運動強度を判断するのは限界がある!という話

  • Zwift+Strydの合せ技でランニングマシンでも飽きずに効率よくトレーニングできる?

  • Garmin(ガーミン)のランニングウォッチ・GPSウォッチのオススメは?選び方を解説してみた

  • マラソンのトレーニングにLSDは必要なのか?

関連記事

  • 市民ランナーは月間200km以上走ると怪我のリスクが高まる!は本当か?

  • ランニングを仲間と一緒にやることで生まれる弊害について僕が思うこと

  • 【心拍トレーニングの限界】心拍に影響を与える7つの要因

  • 3ヶ月でフルマラソン・サブ3.5を達成するための練習計画の立て方

  • ランニングサークルに入れば本当に仲間作りはできるのか?仲間作りで越えなければならない3つの壁

  • ランニングフォームを改善するために必ず押さえておきたい3つのポイント