1. TOP
  2. ランニングステーション
  3. 豊洲のランニングステーション MIFA Football Parkで新たなRun体験を!

豊洲のランニングステーション MIFA Football Parkで新たなRun体験を!

 2016/01/26 ランニングステーション
この記事は約 4 分で読めます。

ランニング人口の増加と共に、ランナーをサポートする商品やサービスも急速に増えてきました。

今まで全く聞いたこともないような海外ブランドが日本国内で次々に展開され、各社の競争も激しさを増しています。

ランナーのサポートサービスに関しても本当に沢山のサービスがあります。中でも、ランナーが様々な場所でランニングができるように作られたのがランニングステーションです。今では多くのランナーに活用されています。皇居には既に、15程のランニングステーションが存在し、銭湯を入れるとそれ以上の数です。

皇居の周りでは、多い日には1万人もの人がランニングで汗を流しているとも言われており、その周辺にあるランニングステーションはロッカールームやシャワーがあるだけでなく、ランニングシューズの貸出しなど、サービスも施設によって様々です。

ですが、ランニングステーションの中でも様々な特徴があり、皇居周辺以外でも活用できるランニングステーションはありますが、実はその存在自体をあまり知られていません。

そこでランナーズNEXTでは、皇居周辺のランニングステーションを含め、日本全国にある様々なランニングステーションをご紹介していきたいと思います。

第一弾の今回は、東京・江東区新豊洲にあるMIFA Football Parkをご紹介します。

MIFA Football Parkは文字通り、フットボールパークであり、純粋なランニングステーションではありません。ですが、フットボールだけでなく、ヨガのワークショップをはじめ、フットボール以外のコンテンツを多数集めています。

SNSを含めたWebページを中心にランニングに関する情報発信も行っており、MIFA Runと題して、ランニングに関するワークショップを開催。徐々に豊洲、有明、お台場といった湾岸エリアを走りに来るランナーの方も増えてきています。

MIFA Football Park

s_8C8A5025

MIFA Football Parkは音楽とフットボールによるコミュニケーションの創造をコンセプトとした新しいフットボールパークとして、2014年6月に開業。

同施設には、都内では珍しい40m×60mのソサイチコート(ジュニアサイズのサッカーコート)1面または、フットサルコート3面としても利用可能なコートを完備。

その他、カフェスペースや整骨院も併設しています。ミストサウナ付きのユニットシャワーやキッズスペース、Wi-Fi環境などの設備も完備されています。

s_8C8A5177

男子
・ロッカー30台
・シャワールーム 5基
女子
・ロッカー24台
・シャワールーム 3基
ミストサウナ付きユニットシャワーを男女1基ずつ完備。

s_⑧男更2

清潔感のある、ロッカールーム内。

s_⑩cafe3

カフェスペースではフットボールにちなんだオリジナルメニューの他、アルコール類も販売しているので、走ったあとの1杯も楽しめます!

テラス席有り。夜はキレイな夜景を楽しむこともできます。

s_⑦wifi1

クラブハウス内はWi-Fi環境が整っており、サッカーコートを目の前にPC作業も可能。

施設概要

施設名:MIFA Football Park
住所:135-0061 東京都江東区豊洲6−1−23
電話:03−6225−0793
アクセス
● ゆりかもめ 「新豊洲」駅 徒歩2分
● 東京メトロ有楽町線 「豊洲」駅から徒歩13分

営業時間 9:00~23:00

利用料金 500円

その他詳細はMIFA Football ParkのHPをご確認下さい。

編集後記

今回はランニングステーションの紹介第一弾として、MIFA Football Parkをご紹介しました。

MIFA内の施設もさることながら、施設周辺の豊洲、有明お台場などの湾岸エリアのランニングは都会の中ではなかなか味わえない景色を堪能できます。

東京のランニングスポットと言えば、皇居や赤坂御所、駒沢公園などが有名ですが、少し足を伸ばしてみるのもいいでしょう。

2020年には東京オリンピックが開催され、新豊洲を含めた湾岸エリアには多くの競技が実施される予定です。

新築地市場のオープンも間近。最高のロケーションと、これから大きな変化を遂げる東京湾岸エリアでのランニングは沢山の楽しみがあるはずです。

ぜひ、MIFA Football Parkで新たなRun体験をしてみてはいかがでしょうか?

【関連記事】

信号無しで走れる東京・豊洲でおすすめのランニングコース

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浦中宏典

浦中宏典

ビジネスアスリート
データサイエンティスト

株式会社ストレッチサポート 代表取締役
1983年8月12日 長崎県長崎市生まれ

高校卒業後、大学でスポーツ科学(運動生理学・バイオメカニクス)を学び、トレーナーとしてスポーツの世界で実績を積む。

主な活動実績はJR東日本硬式野球部、サントリーサンゴリアス(ラグビー・トップリーグ)、国際テニストーナメント、世界陸上大阪大会、日本大学フェニックス(アメリカンフットボール)他。2011年、サハラマラソンランナーのトレーナーとしてトレーニングと身体のケアを担当。

2011年4月に会社を設立。
テクノロジーの力でスポーツアクティビティを今より楽しくすることで、「もっとチャレンジしたくなる世の中を創る」
ために事業活動を行っている。

2015年4月に開催されたサハラマラソンにランナー兼トレーナーとして出場・完走。
2017年9月にはアメリカ ユタ州を中心に開催されるGrand to Grand Ultra(7日間6ステージ273㎞のレース)に参加し完走を果たす。

自分自身も実践者として、常に挑戦を続けている。

<メディア掲載実績>
テレビ NHKまちかど情報室
雑誌 Tarzan(マガジンハウス)
雑誌 トレイルラン2017夏号(山と渓谷社)
新聞 長崎新聞
ラジオ 中央FM
専門誌 月刊トレーニング・ジャーナル 他多数

この人が書いた記事  記事一覧

  • ランナーが心拍数だけで運動強度を判断するのは限界がある!という話

  • Zwift+Strydの合せ技でランニングマシンでも飽きずに効率よくトレーニングできる?

  • Garmin(ガーミン)のランニングウォッチ・GPSウォッチのオススメは?選び方を解説してみた

  • マラソンのトレーニングにLSDは必要なのか?

関連記事

  • お台場・有明・豊洲でランニングするなら知っておきたいランニングステーション7選