1. TOP
  2. ランニングウォッチ・GPSウォッチ
  3. Garminから新型ランニングウオッチForeAthlete645が発売決定!その機能やデザインはいかに!

Garminから新型ランニングウオッチForeAthlete645が発売決定!その機能やデザインはいかに!

 2018/02/13 ランニングウォッチ・GPSウォッチ
この記事は約 5 分で読めます。

Garmin Japan株式会社は、2018年2月13日(火)に新商品となるGPS機能搭載型のランニングウォッチForeAthlete645に関するプレス発表会を開催。

ランナーズNEXTも同発表会に参加してきましたので、新商品ForeAthlete645に関するスペックや機能について、いち早くお届けします。

昨年のForeAthlete935のリリースで、GarminのGPSウォッチ新発売ラッシュも一段落か?と思っていましたが、今回はランニングサイエンス×エンターテイメントをテーマに、新たな価値を追求していくとのことです。

ForeAthlete645とは?

今回、Garmin Japanがリリースを発表したForeAthlete645を簡潔に表現するなら、「フルマラソンを走るランナーに向けた、ミュージック機能を兼ね揃えたハイエンドランニングウォッチ」です。

ForeAthlete645の中でも、ミュージック機能のないForeAthlete645とミュージック機能の搭載されたForeAthlete645 Musicの2タイプがリリースされます。

ForeAthlete645 Musicには、文字通りミュージック機能が搭載されることで、スマホを持たずに、ランニング中に音楽を楽しむことができます。
※ランニングウォッチ内に
最大500曲の音楽を格納可能、5時間使用可能。

尚、音楽配信サービスはサイバーエージェントとエーベックスデジタルのジョイントベンチャーによって生まれたAWA株式会社と連携しています。

ForeAthlete645のスペック

では、具体的にForeAthlete645の具体的なスペックや機能について見ていきましょう。

ランニングウォッチ×ミュージック機能と言うと、「エントリーユーザー向けの商品なのか?」と思ってしまいます。

ですが、ランニングウォッチとしての機能はGarminの全てが詰まっているハイエンドモデルです。

光学心拍計対応モデル、VO2maxの予測機能を始め、ランニングダイナミクス(ランニング中の上下動や接地時間などが計測できる機能)、LT値の予測機能など、全て詰まっています。

※LT値の計測には、心拍ベルトが必要。ランニングダイナミクスポッドのみでは計測できません。

動作時間がGPS+Musicモードで約5時間、GPSモードで約12時間ということなので、フルマラソンのパフォーマンスアップを目指したいランナー向けモデルと言えるでしょう。

特に女性ランナーの方であれば、時計の重量も気になるところです。

ForeAthlete645はForeAthlete235J(42g)とほぼ同じ重量感(42.2g)で軽量モデルとなっています。

今までのForeAthleteシリーズのデザインは「ランニングウォッチ感」が強い印象がありました。ですが、ForeAthlete645はスマートウォッチとして、日常生活の中でも使用できるようなデザインとなっているのが特徴です。

ランニング中に音楽を楽しみたい方向けにミュージック機能の搭載されているモデル(バンドカラーがBlackとCerise)と、ミュージック機能のないモデル(バンドカラーがBlackとSandstone)の2種類があります。

<スペック>

サイズ(厚さ)
42.5 × 42.5 × 13.5 mm

重量
42.2g

ディスプレイ解像度
240 × 240 ピクセル (カラー対応)

防水機能 
50m防水

動作時間

・GPSモード 約12時間
・GPS+Music機能 約5時間
・時計モード 最大7日間

※いずれも光学心拍センサーをONの状態にした場合です。

ForeAthlete645はランニングダイナミクス&乳酸性作業閾値(LT)の予測機能対応モデル。

※別途ランニングダイナミクスポッドまたは加速度センサー付きの心拍ベルトの購入が必要。

価格

ミュージック機能なし・・・¥44,800(税抜)
ミュージック機能あり・・・¥49,800(税抜)

まとめ

今回はGarmin Japan社が新たにリリースするForeAthlete645の概要と機能を中心にご紹介してきました。

同社はランニングサイエンス×エンターテイメントをテーマに、これから商品をリリースしていくそうです。

ミュージック機能の有無で価格が5,000円違います。この価格差をどう見るかは人それぞれです。

私自身は音楽を聞くことはありませんが、LSDの際に音声ファイルを聞くことはあります。

なので、購入を検討する際には、使用頻度は低くても、ミュージック機能の搭載されたForeAthlete645 Musicを購入することをオススメします!

ランニング中に音楽や音声ファイルを聞くことで、新たな発見があるかもしれません!

ForeAthlete645の発売日は3月下旬の予定。5月中旬に発売が延期となったそうです。発売日が分かり次第、ランナーズNEXT通信およびランナーズNEXTオンラインショップにて予約販売を開始します。

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浦中宏典

浦中宏典

ビジネスアスリート
データサイエンティスト

株式会社ストレッチサポート 代表取締役
1983年8月12日 長崎県長崎市生まれ

高校卒業後、大学でスポーツ科学(運動生理学・バイオメカニクス)を学び、トレーナーとしてスポーツの世界で実績を積む。

主な活動実績はJR東日本硬式野球部、サントリーサンゴリアス(ラグビー・トップリーグ)、国際テニストーナメント、世界陸上大阪大会、日本大学フェニックス(アメリカンフットボール)他。2011年、サハラマラソンランナーのトレーナーとしてトレーニングと身体のケアを担当。

2011年4月に会社を設立。
テクノロジーの力でスポーツアクティビティを今より楽しくすることで、「もっとチャレンジしたくなる世の中を創る」
ために事業活動を行っている。

2015年4月に開催されたサハラマラソンにランナー兼トレーナーとして出場・完走。
2017年9月にはアメリカ ユタ州を中心に開催されるGrand to Grand Ultra(7日間6ステージ273㎞のレース)に参加し完走を果たす。

自分自身も実践者として、常に挑戦を続けている。

<メディア掲載実績>
テレビ NHKまちかど情報室
雑誌 Tarzan(マガジンハウス)
雑誌 トレイルラン2017夏号(山と渓谷社)
新聞 長崎新聞
ラジオ 中央FM
専門誌 月刊トレーニング・ジャーナル 他多数

この人が書いた記事  記事一覧

  • ランナーが心拍数だけで運動強度を判断するのは限界がある!という話

  • Zwift+Strydの合せ技でランニングマシンでも飽きずに効率よくトレーニングできる?

  • Garmin(ガーミン)のランニングウォッチ・GPSウォッチのオススメは?選び方を解説してみた

  • マラソンのトレーニングにLSDは必要なのか?

関連記事

  • ランナーズNEXTが今最もオススメするGPSウォッチGarmin ForeAthlete 935

  • GARMIN(ガーミン)ForeAthlete 235Jの機能・比較まとめ

  • GARMIN(ガーミン)ForeAthlete 230Jはやはり女性に人気なのか?

  • ウルトラマラソンにも対応可能!おすすめランニングウォッチ・ベスト4!

  • TomTomアドベンチャー【GPSウォッチ体験レビュー】

  • ランニングウォッチ・GPSウォッチのおすすめを徹底比較【最新版】