1. TOP
  2. ランニングとビジネス
  3. 世の経営者が密かに実践しているランニングのルール

世の経営者が密かに実践しているランニングのルール

 2015/05/27 ランニングとビジネス
この記事は約 3 分で読めます。

多くの人が健康の保持増進や自己鍛錬のために行っている「ランニング」。

東京マラソンのスタートがきっかけとなり、ここ数年前までに急激なランナー人口の増加を見せています。

個々の目的に応じて、ランニングの取り組み方は違えど、この数年の間でビジネスパーソン、特に経営者の間で新しい動きが起こっています。

いかに速く走るか、いかに長く走るか、いかに健康のためになる走りをするか、

ということに囚われない「ある目的」のために、特に経営者の方々がランニングを取り入れています。

それは、ビジネスのために走る!ということです。

もちろん、健康のためにという目的でもあるとは思いますが、それに加えてビジネス上での効果を実感されている経営者が非常に多い。

ビジネスのため、と書くと何とも抽象的ですが、

特に走っているとビジネス上のアイデアが溢れ出てきます。

s_tsutaya

蔦屋(TUTAYA)で有名なカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社の創業者であり、社長の増田さんが日経ビジネスのインタビューの中で、下記のようなやり取りをしていました。

渋谷のCCCのオフィスから二子玉川の「蔦屋家電」まで、自分の足でランニングする。そして、目的地に着くまで、頭の中でいろいろ瞑想したりイメージしたりするわけ。「店の照明はどこから入ってくるんだろう」「サインはどこに付けたらいいんだろう」そんなことを、全部イメージしながら走る。

(中略)

で、僕が気になったこと、気がついたことを言って、メモしてもらっているわけ。そして、帰ってからそれに取り掛かる。そもそも走る前、あらかじめスケジュールに入れた段階で、何を見たいかってテーマがあるわけです。だから、一度きりじゃなく、時間帯を変えて何度か走るようにしている。朝と夜では風景も変わるわけだから、得るものも違ってくる。

(中略)

そもそも、オフィスっていう室内空間そのものには、何の情報もないわけだから、現場を身体で感じることが大切なの。

あえて走るのは、単に物件や周辺のことをリサーチするだけでなく、走りながら考えること、思いつくアイデアすべてが、僕の企画につながっていくから。そこからふつふつとアイデアが湧いてくる。つまり、無になって考える時間。その意味では、瞑想みたいなものでもあるわけです。

※出典元:日経ビジネスオンライン 2015年5月12日なぜ「TSUTAYA」が家電店をやるの? より

 

ランニングをしている時間は、ビジネスで頭をつかっている時と同じように、脳の「前頭前野」(ぜんとうぜんや)という部分が活性化し、脳の機能自体を向上させる効果があります

また、ランニングをしていると、走っているコース景色や周りの音などによって、脳が視覚や聴覚から適度な刺激を受け、脳内の散らかっている情報が潜在的に整理されます。

ランニングにより事前に脳が整理された状態になると、本来ある記憶情報が、うまく引き出せるようになり、結果的に良いアイデアがでやすくなるのです。

これは科学的にも研究で解明されている事実であり、私を含めた多くの人が経験的にアイデアが出ている実感を持っています。

まだランニングに取り組んでいない方も、既にランニングをされている方も、走りながら「ビジネスアイデアを生み出す」という切り口を持つと、新たな発見があるかもしれません。

参考にしていただければ幸いです。

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浦中宏典

浦中宏典

ビジネスアスリート
データサイエンティスト

株式会社ストレッチサポート 代表取締役
1983年8月12日 長崎県長崎市生まれ

高校卒業後、大学でスポーツ科学(運動生理学・バイオメカニクス)を学び、トレーナーとしてスポーツの世界で実績を積む。

主な活動実績はJR東日本硬式野球部、サントリーサンゴリアス(ラグビー・トップリーグ)、国際テニストーナメント、世界陸上大阪大会、日本大学フェニックス(アメリカンフットボール)他。2011年、サハラマラソンランナーのトレーナーとしてトレーニングと身体のケアを担当。

2011年4月に会社を設立。
テクノロジーの力でスポーツアクティビティを今より楽しくすることで、「もっとチャレンジしたくなる世の中を創る」
ために事業活動を行っている。

2015年4月に開催されたサハラマラソンにランナー兼トレーナーとして出場・完走。
2017年9月にはアメリカ ユタ州を中心に開催されるGrand to Grand Ultra(7日間6ステージ273㎞のレース)に参加し完走を果たす。

自分自身も実践者として、常に挑戦を続けている。

<メディア掲載実績>
テレビ NHKまちかど情報室
雑誌 Tarzan(マガジンハウス)
雑誌 トレイルラン2017夏号(山と渓谷社)
新聞 長崎新聞
ラジオ 中央FM
専門誌 月刊トレーニング・ジャーナル 他多数

この人が書いた記事  記事一覧

  • ランナーが心拍数だけで運動強度を判断するのは限界がある!という話

  • Zwift+Strydの合せ技でランニングマシンでも飽きずに効率よくトレーニングできる?

  • Garmin(ガーミン)の時計・ランニングウォッチのオススメは?選び方を解説してみた

  • マラソンのトレーニングにLSDは必要なのか?

関連記事

  • 「健康」だけじゃない!ランニングで得られるちょっと以外な?効果とは

  • 情報化社会でランニング人口が増え続けるたった1つの理由

  • マラソンで目標達成するための「良い戦略」と「悪い戦略」

  • なぜデキるビジネスパーソンは走るのか?ランニングとビジネスに共通する2つの視点

  • ビジネスパーソンがハイパフォーマンスで仕事をするためのランニング活用術

  • ランナーとして必要不可欠な「成長する」技術と限界突破力!