1. TOP
  2. ランニングお役立ち情報
  3. 「ランニングフィットネス」でランニングのパフォーマンスを上げる

「ランニングフィットネス」でランニングのパフォーマンスを上げる

 2015/09/19 ランニングお役立ち情報
この記事は約 2 分で読めます。

10月11日(日)に2020年東京オリンピックの中心となる開催地区・新豊洲でランニングフィットネスという、ランニングのパフォーマンスを上げるためのワークショップを開催することになりました。

ワークショップの会場はこちら

ランニングやマラソンを速く走るためには、走る練習だけでは限界があります。

自分自身の走り方(ランニングフォーム)を改善し、正しい動きで走れるようにするのが「ランニングフィットネス」の狙いです。

ランニングのためのトレーニングというと、筋トレや体幹トレーニングをイメージしてしまいがちですが、それらがランニング動作に結びつかなければ、パフォーマンスは改善しません。

トレーニングをランニング動作に繋げることさえできれば、怪我を予防しながら、今より楽に長く、そして速く走れるようになるでしょう。

今回のワークショップでは、楽しみながら様々なトレーニングをランニング動作に結びつけるステップを体験していただきながら、新豊洲近隣をランニングします!

新市場の建設も進み、これから益々発展してくる新豊洲を一緒に走ってみませんか?

スクリーンショット 2015-09-14 10.54.13

<イベント詳細>
・MIFAラン
テーマ:ランニングフィットネス
開催日時:10月11日(日)
時間:10:00~12:00
参加費:2,000円
アクセス:http://mifafootballpark.com/access/

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浦中宏典

浦中宏典

ビジネスアスリート
データサイエンティスト

株式会社ストレッチサポート 代表取締役
1983年8月12日 長崎県長崎市生まれ

高校卒業後、大学でスポーツ科学(運動生理学・バイオメカニクス)を学び、トレーナーとしてスポーツの世界で実績を積む。

主な活動実績はJR東日本硬式野球部、サントリーサンゴリアス(ラグビー・トップリーグ)、国際テニストーナメント、世界陸上大阪大会、日本大学フェニックス(アメリカンフットボール)他。2011年、サハラマラソンランナーのトレーナーとしてトレーニングと身体のケアを担当。

2011年4月に会社を設立。
テクノロジーの力でスポーツアクティビティを今より楽しくすることで、「もっとチャレンジしたくなる世の中を創る」
ために事業活動を行っている。

2015年4月に開催されたサハラマラソンにランナー兼トレーナーとして出場・完走。
2017年9月にはアメリカ ユタ州を中心に開催されるGrand to Grand Ultra(7日間6ステージ273㎞のレース)に参加し完走を果たす。

自分自身も実践者として、常に挑戦を続けている。

<メディア掲載実績>
テレビ NHKまちかど情報室
雑誌 Tarzan(マガジンハウス)
雑誌 トレイルラン2017夏号(山と渓谷社)
新聞 長崎新聞
ラジオ 中央FM
専門誌 月刊トレーニング・ジャーナル 他多数

この人が書いた記事  記事一覧

  • ランナーが心拍数だけで運動強度を判断するのは限界がある!という話

  • Zwift+Strydの合せ技でランニングマシンでも飽きずに効率よくトレーニングできる?

  • Garmin(ガーミン)のランニングウォッチ・GPSウォッチのオススメは?選び方を解説してみた

  • マラソンのトレーニングにLSDは必要なのか?

関連記事

  • ランニングで発生する活性酸素に対処できれば持久力は高められる!

  • ふくらはぎ用コンプレッションタイツを比較するならこの5つがおすすめ!

  • 【保存版】ランニングタイツ、機能性タイツおすすめベスト5

  • オーバープロネーションを改善するために必要な対策まとめ【ランニング編】

  • トレイルランニング用ヘッドライトを選ぶなら様々なシーンに対応できるコレがオススメ!

  • マラソンレースで必ず携帯したいアミノ酸サプリメント・ベスト5を徹底比較してみた